このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

ガラパゴスケータイの機能徹底絞り出し第7回

撮った写真をケータイの中で加工して楽しむ

2009年09月07日 16時00分更新

文● 小林 誠/ゴーズ、ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
連載ロゴ
SH-06A
ドコモ「SH-06A」

PCは不要! ケータイの中で画像編集

 ケータイで写真を撮り、Webサイトやブログへアップするのはもう普通のことだろう。しかし画像のサイズが大きいとか、余計なものまで写っていたので切り抜きたいとか、画像編集が必要なこともある。

 そんな場合、PC上で画像を加工してもいいが、ブログに載せる写真はせいぜい数枚。それならケータイ内で画像編集をしたほうが手っ取り早い。そして意外とケータイにも基本的な画像編集機能は搭載されているのだ。

 今回はドコモの「SH-06A」、auの「Cyber-shotケータイ S001」、ソフトバンクの「931SC」をサンプルとして取り上げている。

「切り出し」に「サイズ変更」
「シャープネス」まで可能

 ドコモ「SH-06A」の場合は、メインメニューの「データBOX」から「マイピクチャ」に進んで、「カメラフォルダ」を開く。画像を選択すると「データ編集」というサブメニューを選べるので、そこで画像編集が可能になる。


画像編集 機能一覧
最近のケータイでは、端末単体でも結構色々な画像編集機能が搭載されている

 まず最も基本的な機能として、写真の一部「切り出し」が可能。「待受」画面サイズなど、どのような形にするかを決めると、枠が現れるので切り出したいエリアを選ぶだけでよい。これなら横で撮影した写真を縦写真として載せたいときなどに使える。また特定の人物の顔だけ切り出す、といったことが可能になる。

画像切り出し 上下で比較
最も基本的な機能としては、画像を指定のサイズに切り出す。加工前と加工後を上下で比較することが可能

 また、最近のケータイは画像サイズを非常に高い解像度で撮影できる。しかしブログなどでは、そんな巨大な写真は不要だ。そこで画像編集のメニューで「サイズ変更」を選ぶ。プリントするわけでもなければ、画質面でもそれほど気にならないはずだ。

 上記2つの機能については他のケータイでも普通に搭載されているので活用してほしい。

 さらにSH-06Aの場合はデジカメ機能が売りなだけあって、さらに本格的な画像編集機能を持つ。たとえば「シャープネス」を掛けて画像の輪郭を強調するといった機能から、人物撮影の場合は「プチエステ」というメニューもある。「美白」と「ナチュラル」を選ぶことで肌色の部分だけを加工してくれる。

モノクロ フレーム
画像をモノクロにしたり、画像にフレームを付けるなどの機能も用意されている

 ブログに載せるのにはあまり役に立たないかもしれないが、「エフェクト」で写真をセピア色にしたり、「スタンプ」で写真に文字を入れる、「フレーム」を使ってプリクラのような写真を作る、など「写真で遊ぶ」機能も豊富だ。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン