このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

ガラケーはやっぱりスゴイ! ケータイの機能をとことん調べてみた第32回

「ケータイでアートする」は果たして可能か?

2010年08月30日 16時00分更新

文● 小林 誠、ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 iPadやiPhoneにはそのタッチパネルを活かして、絵を描くアプリが提供されている。また写真をトイカメラで撮影したように加工するアプリもある。絵の上手下手やアプリの性能などによって差はあるが、手軽に“アート”を楽しめる。それならば日本のケータイでも同じようにアートができるか試してみた。

「手描き」「写真加工」「手書き」の4台

 今回用意したのは4台。今回の記事に特にピッタリなのがドコモ「P-06B」とソフトバンク「942P」。基本的に同じ機能を持つ端末で、感圧式タッチパネルを搭載し、付属のスタイラスペンで手軽に絵を描ける。

 ドコモ「N-05B」はアートフォト機能を搭載。撮影した写真をトイカメラ風に加工する。Windows Mobile 6.5搭載のスマートフォンであるau「IS02」は「手描き」というよりは「手書き」機能を持つ。本来は文字を書いたり、メモするための機能だが、さらっとペンで絵を描くように使えないだろうか、と試してみた。

ドコモ「P-06B」

ドコモ「N-05B」

au「IS02」

ソフトバンク「942P」

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン