このページの本文へ

都庁前iPhoneクラブ 第6回

「裏」はついに休業に……

都庁前iPhoneクラブ・iPhone+Twitter=最強!!の巻

2009年05月31日 12時00分更新

文● 都庁前iPhoneクラブ製作委員会

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

声でつぶやく「TweetMic」がスゴい!

カリー:マッチャンは、iPhone用のTwitterクライアントって何を使ってますか?

マッチャン:僕は今、3つのアプリを使い分けてますね。ひとつはTwitterクライアントの「Tweetie」。もうひとつはTwitterにも投稿できるSNS「Brightkite」。で、最近、ここに「TweetMic」が加わったんですよ。

カリー:TweetMic? 知らないです。

マッチャン:つぶやきを声で録音して、Twitterに投稿できるアプリですね。声で投稿ってのが珍しいです。

 あとは起動してすぐに録音して、ワンタップでTwitterに送信できるのがスゴい。音声データ自体はMP3ファイルでウェブにアップロードして、Twitterにはそのページに飛ぶリンクが投稿される。「クリックして再生」ってところを押すと、すぐにつぶやきが聞けます。

TweetMic。価格は115円。まずは「Setup」タブで「My Twitter Account」をタップしてTwitterのアカウントを登録

「Record」タブに切り替えて、「Introduce your recording」に投稿文を書き込む。真ん中のマイクアイコンをタップして録音を開始!

もう一度マイクアイコンを押せば録音終了。あとは「Publish to Twitter」で投稿できる

Twitterのタイムラインに表示されたところ

リンクをクリックすると、再生ページに飛ぶ

ニッシー:これは「リアルつぶやき」ですね。何時間くらい録音できるものなんですか?

マッチャン:尺はいくらでも行けますが、3G回線でアップロードできるのが10MBまでですね。でも現実的に考えて、1、2分がちょうどいいくらいだと思いますよ。1時間とか収録してたのに、アプリが落ちちゃってなんてことがあったら最悪じゃないですか。

カリー:聞くほうもそんなに長く興味が持たないですよね。せいぜい1、2分くらい。

マッチャン:つぶやき程度ですからね。

カリー:使ってみて、やっぱりテキストで投稿するのとは違いますか?

マッチャン:楽しみ方が違うというのと、ポッドキャスト無精が治るという。

ニッシー:無精(笑)

カリー:ポッドキャストって例えば10分にしても、構成を考えたりだとか編集作業があったりして、案外、収録が面倒くさいですよね。そうか、ブログを書くのが面倒になった人がTwitterを始めたように、同じようにポッドキャストでも……。

マッチャン:そう、TweetMicがミニポッドキャストという位置付けなのかと。

ニッシー:なるほどね。

マッチャン:Twitterに投稿したものはMP3ファイルなので、もしポッドキャストの番組を持っている人だったら、そのファイルをダウンロードして、再度自分の番組に上げちゃえばいい。

ニッシー:いいですね、確かに。

TweetMic

「TweetMicってスゴいんですよ」とマッチャン

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中