このページの本文へ

XPと本気でさよならするための Windows 7特集 第2回

これで安心! Windows 7 インストール完全ガイド

2009年05月04日 18時00分更新

文● 小西利明/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

入力や設定は非常に少なくシンプル

 インストールが進んで4回ほど再起動されると、Windows 7が起動して、アカウント作成画面に進む。途中でプロダクトキー入力を求められるが、あとからでも入力できるのはVistaと変わらない。

アカウント作成

インストールの最終プロセス。まずはアカウント作成

パスワード設定とパスワードのヒント設定

パスワード設定とパスワードのヒント設定

プロダクトキーの入力とライセンス認証の選択

プロダクトキーの入力とライセンス認証の選択。プロダクトキーは後でも入力でき、その間は機能制限なしの30日間体験版扱いになる

アップデートやセキュリティー設定の選択

インストール後のアップデートやセキュリティー設定の選択。最低でも更新プログラムだけは適用しておくべき

 XPのインストールでは、Administratorアカウントのパスワード設定やらネットワーク接続の確認やらで細かい選択があったが、Windows 7(とVista)ではそれらは省略され、入力の手間が減っている。

日時とタイムゾーンの設定

日時とタイムゾーンの設定。日本語版を選んでいるなら、特に変える必要はない

ネットワークの場所(種類)を選択

パソコンを接続しているネットワークの場所(種類)を選択。家庭なら「ホーム~」、オフィス内なら「社内~」を選ぶ。後でも変えられる

 選択や設定はこれで終了。あとは自動で最後のセットアップや更新プログラムをダウンロード(選択した場合)して完了だ。

最終設定は自動で実行。後は待つだけ

ログオン後にはWindows Updateが実行

作成したアカウントで自動ログオン。ログオン後にはWindows Updateが実行される。まだ更新プログラムは少ないので、すぐに終わる

 OSインストール自体は、Vistaの時点で大きく簡略化が進み、インストールにかかる時間も短くなった。Windows 7はそれをほぼ継承したもので、パソコンに慣れた人なら迷うことなくインストールできるだろう。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン