このページの本文へ

パッケージ版より早い9月1日に入手可能

企業向けWindows 7の提供は2ヶ月早い!

2009年07月15日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 米マイクロソフトは7月13日、「ボリュームライセンス版」のWindows 7の発売を9月1日に開始すると発表した。

 ボリュームライセンスは、ソフトウェアを利用する権利(ライセンス)をまとめて購入する販売方式で、主に企業でのOSやアプリケーションの導入に使われる。ライセンス体系はメーカーによって異なるが、マイクロソフトの場合は「オープンライセンス」であれば5ライセンスから購入できる(メディア代は別途必要)。

 店頭などで扱われるパッケージ版Windows 7の販売は10月22日であり、ボリュームライセンス版はそれより2ヶ月近く早い発売となる。Windows Vistaの際も、パッケージ版の発売が2007年1月30日であったのに対し、ボリュームライセンス版の発売は2006年11月1日と、ボリュームライセンス版の方が早い発売となっていた。

 日本でのボリュームライセンス版Windows 7の発売日は明らかになっていない。しかし、パッケージ版が日米同日発売であることなどから、日本でのボリュームライセンス版の発売も9月1日になると思われる。

カテゴリートップへ

ピックアップ