このページの本文へ

Gigabyte「GA-GC330UD」

「Ultra Durable 3」採用のAtomマザーがGigabyteから!

2009年04月02日 23時30分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Gigabyteオリジナルのテクノロジー「Ultra Durable 3」を採用するというAtomオンボードのマザーボード「GA-GC330UD」が発売となった。

「GA-GC330UD」 基板
Gigabyteオリジナルのテクノロジー「Ultra Durable 3」を採用するというAtomオンボードのマザーボード「GA-GC330UD」が発売

 この製品は、CPUにデュアルコアとなるAtom 330をオンボードで搭載するMini-ITXフォームファクタのマザーボード。最大のウリは、同社のATX/MicroATXマザーボードで採用されるオリジナルテクノロジー「Ultra Durable 3」をサポートする点だ。
 基板のGND層(電源層)の厚みを従来の倍とする「2オンスPCB」や低内部抵抗のMOSFET、フェライト磁芯チョークコイル、固体コンデンサの採用などが特徴の同機能。Atomマザーにはややオーバースペックな気もするが、取扱いマザーの「Ultra Durable 3」化を進める同社にとっては避けられないと言ったところだろうか。

「Ultra Durable 3」 シルクプリント
最大のウリは、同社のATX/MicroATXマザーボードで採用されるオリジナルテクノロジー「Ultra Durable 3」をサポートする点となる

 主なスペックは、チップセットが「I945GC」+「ICH7」。拡張スロットがPCI×1、メモリスロットはDDR2 DIMM×1(DDR2-667/533対応、最大2GB)で、オンボードインターフェイスにはVGAや6chサウンド(Realtek/ALC662)、100/10Base-TXイーサネット(Realtek/RTL8102E)、Serial ATA×2、IDE×1などを搭載。惜しむらくはLANがギガビットイーサネットではない点か。価格はアークで1万1800円(3日から販売)、フェイス本店とTWOTOP秋葉原本店、T-ZONE.PC DIY SHOP(3日から販売)で1万1980円となっている。

I/O部 ポップ
「Ultra Durable 3」サポートということで価格は他のAtomマザーと比べるとやや高め。LANがギガビットイーサネットではない点を除けば、スペック的は一般的なAtomマザーと遜色はない

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中