このページの本文へ

ASKTECH「NT-ITX/AL55」
ASKTECH「NT-ITX/AL80」

アルミ製の超シンプルなMini-ITX対応ケースが2モデル!

2009年06月23日 21時45分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ASKTECHから、Mini-ITXフォームファクター用のアルミ製ケース「ENTINY-ITX」シリーズが発売となった。「ENTINY-ITX/AL55」と「ENTINY-ITX/AL80」の2シリーズが用意されている。

「ENTINY-ITX」 製品
ASKTECHから、Mini-ITXフォームファクター用のアルミ製ケース「ENTINY-ITX」シリーズが発売。「ENTINY-ITX/AL55」と「ENTINY-ITX/AL80」の2シリーズにシルバーとブラックの2色が用意されている

 「ENTINY-ITX」シリーズは、上部および下部カバーにアノダイズとヘアライン処理がなされたアルミ素材を採用。5インチ光学ドライブベイや電源を非搭載とし、省スペースを優先させたのが特徴のMini-ITX対応ケースだ。
 「ENTINY-ITX/AL55」は、55(W)×214(D)×220(H)mm。2.5インチシャドウべイが1基のみ用意されているほかは、サイドに40mm角ファン(3600rpm)を1基備えているだけというシンプルな作り。価格はテクノハウス東映とパソコンハウス東映で7800円、クレバリー1号店で7974円、ドスパラ秋葉原本店とツクモケース王国で7980円。
 「ENTINY-ITX/AL80」は、80(W)×214(D)×220(H)mm。2.5インチシャドウべイ×2または2.5インチシャドウべイ×1+3.5インチシャドウべイ×1という構成が可能。サイドの冷却ファンには60mm角(2800rpm)を1採用する。価格はテクノハウス東映とパソコンハウス東映で9800円、クレバリー1号店で9969円、ドスパラ秋葉原本店とツクモケース王国で9980円。

底部 リア
上部および下部カバーにアノダイズとヘアライン処理がなされたアルミ素材を採用。5インチ光学ドライブベイや電源を非搭載とし、省スペースを優先させたのが特徴
仕様 搭載可能マザー
パッケージには詳細なスペック表と対応マザーボードのリストが掲載されている。購入前の参考にするとよいだろう

 なお、同時に別売りACアダプタとして「NT-ITX/PW120W」も発売となっている。前述の「ENTINY-ITX/AL55」や「ENTINY-ITX/AL80」で使用する際は、DC-DC変換ボードをネジで固定することが可能となる専用モデル。価格はテクノハウス東映とパソコンハウス東映で4800円、クレバリー1号店で4929円、ドスパラ秋葉原本店とツクモケース王国で4980円。「ENTINY-ITX」シリーズ以外での動作保証はないが、120WタイプのACアダプタキットとしても比較的安価なため覚えておいてもいいだろう。

「NT-ITX/PW120W」 アダプタ
同時に別売りACアダプタとして「NT-ITX/PW120W」も発売。DC-DC変換ボードをネジで固定することが可能となる専用モデル(※DC-DC変換ボードは120Wタイプだがアダプタは70Wタイプとなる)

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中