このページの本文へ

ASUSTeKからオフィス向けマザー「P5B-VM DO」が発売!

2006年12月20日 22時17分更新

文● 美和

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 インテルの“965”チップセットのうち、大半を占めるのが基本モデルになる“P965”とグラフィック機能を持たせた“G965”の2つであるが、同社がオフィス向けとして位置づける“Q965”を搭載した製品も秋葉原ではちらほらと出回っている。今回、ASUSTeKから登場した「P5B-VM DO」は、その数少ない“Q”シリーズのチップセットを採用したモデルだ。

チップセットの構成は“Q965”+“ICH8DO”。CPUはQuad-coreにも対応しており、FSBは1066MHzをサポートするビジネス向けの製品

 チップセットの構成は“Q965”+“ICH8DO”。CPUはQuad-coreにも対応しており、FSBは1066MHzをサポート。メモリスロットはDDR2 800対応のものを4本(最大8GB)、拡張スロットはPCI Express x16×1、PCI Express x4×1、PCI×2という構成だ。チップセットによるオンボードビデオ機能を搭載しており、オンボードインターフェイスは、USB 2.0×10、IEEE 1394×2、Serial ATA II×6(RAID 0/1/5)、ギガビットイーサネット、8chオーディオなど。価格はスリートップ2号店で2万980円、高速電脳で2万1800円となっている。

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ