このページの本文へ

“G965”搭載のATXマザー「G965 Neo2-FI」がMSIから発売に

2007年01月20日 23時40分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 各社とも出揃いつつある“G965”搭載のLGA775対応マザーボードだが、本日MSIから「G965 Neo2-FI」が発売された。VGA機能をオンボード搭載する同製品だが、フォームファクタはATXサイズとなる。

「G965 Neo2-FI」
“G965”+“ICH8”搭載のLGA775対応マザーボード「G965 Neo2-FI」。フォームファクタはATX

 South bridgeは“ICH8”。拡張スロットはPCI Express x16×1、PCI Express x4×1(エッジフリー)、PCI Express x1×1、PCI×2、メモリスロットはDDR2-800/667/533対応のDIMMを4本(最大8GBまで)という構成。オンボードインターフェイスにはVGAや8chサウンド(Realtek/ALC888)、IEEE1394(VIA/VT6308P)、ギガビットイーサネット(Realtek/RTL8110SC)、Serial ATA II×5(ICH8+88SE6121)、ATA133×1(88SE6121)など一通りの機能を搭載し、クアッドコアCPUにも対応済みだ。価格および販売ショップは以下の通り。

拡張スロット I/O部
PCI Express x4はエッジフリータイプ。一通りのオンボード機能を搭載し、クアッドコア搭載CPUにも対応済み
価格 ショップ
MSI
「G965 Neo2-FI」
\16,773 クレバリー1号店
\17,280 アーク
\17,780 T-ZONE.PC DIY SHOP
\17,800 高速電脳
入荷済み ツクモパソコン本店II
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ