このページの本文へ

Pentium M対応のキューブ型ベアボーンPCがAOpenから登場

2004年12月15日 20時25分更新

文● 美和

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 AOpenから、Pentium M対応のキューブ型ベアボーンPC「XC Cube EZ855」が登場した。マザーには、以前紹介した“UX855GME”を搭載している。Pentium M対応のベアボーンと言えば、同社からは以前スリムタワー型ベアボーンPC「A8855-M」が発売されているが、「A8855-M」がLowProfileのカードしか利用できないのに対し、今回の製品では通常のサイズのカードを使用できる。

本体
Pentium M対応のキューブ型ベアボーンPC「XC Cube EZ855」

 チップセットは“i855GME”+“ICH4-M”という構成で、拡張スロットはAGP x4×1、PCI×1、DIMM×2(PC2700対応、最大2GB)。Serial ATAは非サポートとなっており、IDEが2ポート(ATA100対応)のみ。ベイ数は、5インチ×1、3.5インチ×2(シャドウベイ×1)。VGA、IEEE1394、Realtek製“RTL8110SB”チップによるギガビットイーサネットがオンボードで搭載されている。インターフェイスは、フロントパネル側がUSB 2.0×2、IEEE 1394×2(6ピン×1、4ピン×1)、アナログ音声入力×1、アナログ音声出力×1。バックパネル側が、VGA、IEEE 1394×1(6ピン)、S/PDIF×2(コアキシャル×1、光デジタル×1)、USB 2.0×2、ギガビットイーサネットなどを搭載。電源は275Wで、サイズは200(W)×320(D)×185(H)mm。価格は、ZOA秋葉原本店 で4万5800円、ファナティック東京店で4万5990円、T-ZONE.PC DIY SHOPで4万6800円、TWOTOP秋葉原本店とTSUKUMO eX. で4万6980円、俺コンハウスで4万4940円。

CPUファン 拡張スロット
CPUファンはアルミ製の14本フィンタイプを使用している、拡張スロットはAGP×1、PCI×1。ただしAGPスロットはx4までしか対応しない
メモリスロット ベイ数
メモリスロットは2本用意。PC2700に対応しており、最大2GBまで搭載可能ベイ数は、5インチ×1、3.5インチ×2(シャドウ×1)
フロントインターフェイ バックパネル側
インターフェイスは、フロントパネル側がUSB 2.0×2、IEEE 1394×2(6ピン×1、4ピン×1)、アナログ音声入力×1、アナログ音声出力×1という構成VGA、IEEE 1394×1(6ピン)、S/PDIF×2(コアキシャル×1、光デジタル×1)、USB 2.0×2、ギガビットイーサネットなどを搭載している
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ