このページの本文へ

64bit対応“Nocona”コア!新Xeon販売開始!

2004年06月29日 21時07分更新

文● 水野

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
“Nocona”コア新Xeon
“Nocona”コア新Xeon。発表早々の発売となった

 28日(現地時間)発表されたばかりの“Nocona”コア新Xeonが早速店頭に並んでいる。“Prescott”コアPentium 4と同様の90nmのプロセスルールで製造され、FSB800MHz、“SSE3”に対応するほか、64bitのメモリアドレシングを可能とする“エクステンデッド・メモリ64テクノロジ(EM64T)”を採用するという新機軸が満載のCPUだ。



800MHz 64ビット
FSBはPentium 4と同じ800MHzに引き上げられている“エクステンデッド・メモリ64テクノロジ(EM64T)”を採用

 “エクステンデッド・メモリ64テクノロジ(EM64T)”は、Itanium/Itanium2が採用するIA-64アーキテクチャとは異なり、既存のIA-32アーキテクチャを拡張したもので、AMDの“Opteron”“Athlon 64”と同様、64bitOS/アプリケーションに対応しながら既存の32bit環境との互換性が維持されている。64bitOSと64bitアプリケーションをサポートする“フル64bitモード”のほか、32bitOSと32/16bitアプリケーションをサポートする“レガシーモード”、64bitOSで32bitアプリケーションを扱える“互換モード”の3種類の動作モードが用意されている。
 また、前述のように“Prescott”コアPentium 4と同様に90nmプロセスルールで製造され、新命令セット“SSE3”に対応。FSBはこれまでのXeonの533MHzから800MHzに引き上げられているほか、CPU使用率にもとづいて動作クロックとコア電圧を変更する“拡張版Intel SpeedStepテクノロジ”を採用している。もちろん“Hyper-Threading”に対応し、2次キャッシュは1MB。



結構安い?
2.8GHzは2万円台。意外に安めという印象がある

 インテルから発表されたのは3.60GHz、3.40GHz、3.20GHz、3.00GHz、2.80GHzの5種類となっているが、本日店頭で販売が確認されたのは最上位のXeon-3.60GHzを除く4種類。価格は以下の表の通りで、Xeon-2.80GHzが2万円台、Xeon-3.40GHzでも9万円割れと意外に安めという印象だ。


価格 ショップ
インテル
Xeon-3.40GHz
\86,520 ぷらっとホーム
\89,040 T-ZONE.PC DIY SHOP
インテル
Xeon-3.20GHz
\57,960 ぷらっとホーム
\59,640 T-ZONE.PC DIY SHOP
\59,800 TSUKUMO eX.
インテル
Xeon-3.00GHz
\40,845 ぷらっとホーム
\41,970 TSUKUMO eX.
\42,840 T-ZONE.PC DIY SHOP
\46,620 高速電脳
インテル
Xeon-2.80GHz
\28,980 TSUKUMO eX.
\29,190 T-ZONE.PC DIY SHOP
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ