このページの本文へ

【特別企画】今、ショップで一番売れてるCPUは?

2004年08月07日 00時00分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

今回はショップで売れているCPUについて調査してみた。Pentium 4 Extreme Edition-3.4GHzの発売、さらに遡ってLGA775版Pentium 4 560/550/540/530/520、Pentium M…。対するAMDもSocket 754/939版のAthlon 64シリーズに加え、お盆明け早々には新シリーズSempronの投入など、まったくもって最近は新CPUの発売ラッシュだ。(これらの価格情報についてはサハロフ佐藤のアキバ定点観測を参考にしていただきたい)。 これらのCPUのなかで、売れているCPUはいったいどれなのか?ショップの声を拾ってみると、意外にもユニークな結果となった。キーワードは“Northwood”だ。

ご覧のように、調査した13店舗の中で実に半数近くの6店舗が「Pentium 4-2.8CGHz」を挙げている。「Pentium 4-3.0GHz」を挙げるT-ZONE.PC DIY SHOPのようなショップもあるが、共通しているのは“Northwood”コアを採用しているCPUということ。上位モデルとなる“Prescott”コアを採用するPentium 4がある中で、アキバで今一番売れているのは“Northwood”コア搭載のCPUなのだ。クロック、価格ともにバランスのとれた「Pentium 4-2.8CGHz」が売れ筋となっているが、“Northwood”コア搭載のモデルであれば「Pentium 4-2.4CGHz」なども売れているという。発熱量が高いとされる“Prescott”は全体的に敬遠ぎみで、これはLGA775、Socket 478版ともに変わらないようだ。

そんなこともあり、現在アキバでは“Northwood”コア搭載モデルは全体的に品不足。「次回入荷の目処はたっていない」「入荷されたのが“Prescott”だと思ったら、“Northwood”だってので(こちらのほうが売れるので)嬉しかった」などという声が聞かれる。それを証明するように、一部ショップでは少し前から“Prescott”と“Northwood”で価格の逆転現象がおきている。購入を考えているのなら急いだほうがよさそうだ。

ショップ CPU 価格
フェイス Celeron-2.4GHz(リテール:FSB400MHz) \7,850
パソコンハウス東映 Pentium 4-2.8CGHz(リテール:FSB800MHz) \19,800
アーク Athlon 64-3500+(Socket 939) \40,980(完売)
ドスパラ本店 Athlon 64-3000+(Socket 754) \18,990(完売)
ドスパラ秋葉原2号店 Prime館 Pentium 4-2.8CGHz(リテール:FSB800MHz) \20,380
パソコン工房秋葉原店 Athlon XP-2500+ (バルク版) \6,380(完売)
ZOA秋葉原本店 Pentium 4-2.8CGHz(リテール:FSB800MHz) \20,979
USER'S SIDE本店 Mobile Athlon XP-2600+(バルク版) \12,579
OVERTOP Pentium 4-2.8CGHz(リテール:FSB800MHz) \20,990
T-ZONE.PC DIY SHOP Pentium 4-3.0GHz(リテール:FSB800MHz) \25,494(完売)
クレバリー1号店 Pentium 4-2.8CGHz(リテール:FSB800MHz) \21,178
高速電脳 Mobile Athlon XP-2500+(バルク版) \11,760
ツクモパソコン本店 Pentium 4-2.8CGHz(リテール:FSB800MHz) \20,980

【関連記事】

【ショップで売れてるパーツ調査】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ