このページの本文へ

インテル製ATXサイズの新Xeon対応マザーが近日発売!

2004年07月16日 23時59分更新

文● 水野

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「SE7525GP2」 ATX
FSB800MHzの“Nocona”コア新Xeonに対応するインテル純正マザーボード「SE7525GP2」コンパクトなATXフォームファクタだ

 FSB800MHzの“Nocona”コア新Xeonに対応するインテル純正マザーボード「SE7525GP2」のサンプルがTSUKUMO eX.に入荷した。Extended ATXではなく、コンパクトなATXフォームファクタとなっており、発売されれば人気を呼びそうだ。



PCI Express×16とPCI Express×4 バックパネル部のインターフェイス
PCI Express×16とPCI Express×4を1スロットずつ搭載IEEE1394やサウンド機能は搭載されていないため、バックパネル部のインターフェイスはずいぶんすっきりしている

 チップセットは“E7525”で、このチップセットを搭載する製品としてはSupermicro製品群に続くもの。拡張スロットはPCI Express×16×1、PCI Express×4×1、64bit/66MHz PCI-X×2、32bit/33MHz PCI×2。DIMMスロットは4本でECC RegisteredタイプのPC2700(DDR333)DDR SDRAM対応。インテル製“82541GB”チップによるギガビットイーサネット、ATI製“RAGE XL”チップによるグラフィック機能(VRAM8MB)がオンボード。IEEE1394やサウンド機能は搭載されていないため、バックパネル部のインターフェイスはマウス/キーボード、D-Sub、シリアル×1、USB2.0×2のみとずいぶんすっきりした印象がある。近日中に販売がはじまる予定とのことだが、16日現在価格は未定。なおTSUKUMO eX.では動作デモも行う予定だ。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ