このページの本文へ

新チップセット“E7520”登場!第1弾はSupermicro製

2004年08月06日 20時46分更新

文● 水野

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「X6DH8-G2」 “E7520”
Supermicro製のデュアルXeonマザー「X6DH8-G2」チップセットはこれが初登場となるインテル製“Lindenhurst(リンデンハースト)”こと“E7520”

 “Nocona”コア新Xeonに対応するSupermicro製のデュアルXeonマザー「X6DH8-G2」が登場した。チップセットはこれが初登場となるインテル製“Lindenhurst(リンデンハースト)”こと“E7520”。“Nocona”対応のインテル製チップセットといえばすでに発売済みのサーバ/ワークステーション向け“Tumwater(タムウォーター)”こと“E7525”だが、“E7520”はビデオカード用のPCI Express×16をサポートしない。AGPをサポートしていなかった“E7500”~“E7501”の系列に連なるサーバ向けチップセットだ。

PCI Express×16なし インテルギガビット
ビデオカード用のPCI Express×16をサポートしないのが特徴ギガビットイーサ、Ultra320 SCSI RAIDなどがオンボード

 拡張スロットはPCI Express×8×2、PCI Express×4×1、64bit/133MHz PCI-X×1、64bit/100MHz PCI-X×2。DIMMスロットは8本でDDRII SDRAMに対応、最大メモリ容量は16GB。Adaptec製“AIC7902”チップによるUltra320 SCSI RAID(0、1、0/1対応)、ATI製“Rage XL”チップによるグラフィック機能(VRAM8MB)、ギガビットイーサネットがオンボード。価格はUSER'S SIDE本店で9万2400円となっている。

【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ