このページの本文へ

Iwill製ATXサイズデュアルXeonマザー「DN800」登場!チップセットは“E7525”

2004年07月27日 23時22分更新

文● 水野

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「DN800」 ギリギリ
Iwill製「DN800」。“E7525”チップセットのATXフォームファクタ製品だレイアウトはかなり窮屈そう。PCI Express×16スロットがSouth Bridge“Hance Rapids”の上部に飛び出している
グラフィック機能を搭載 結構充実
ATI製“RAGE XL”チップによるグラフィック機能を搭載5.1チャンネルオーディオとデュアルイーサネットとオンボードデバイスは比較的充実

 ATXサイズで“Nocona”コア新Xeon対応の“E7525”チップセットというマザーボード製品は、インテル製「SE7525GP2」などがすでに登場しているが、本日新たにIwill製「DN800」が加わった。

 「SE7525GP2」はIEEE1394やサウンド機能が搭載されていないというシンプルな仕様だったが、「DN800」は5.1チャンネルオーディオ、さらにインテル製“82541GI”チップとBoardcom製“BCM5721”チップによるデュアルギガビットイーサネットがオンボードと充実しているのが特徴。このほかATI製“RAGE XL”チップによるグラフィック機能(VRAM8MB)を搭載し、拡張スロットはPCI Express×16×1、PCI Express×4×1、64bit/66MHz PCI-X×2、32bit/33MHz PCI×1という構成。DIMMスロットは4本でECC RegisteredタイプのPC2700(DDR333)DDR SDRAM対応。Serial ATAポートはSouth Bridge“Hance Rapids”による2ポートのみ。価格は高速電脳で5万6490円、TSUKUMO eX.で5万6980円となっている。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ