このページの本文へ

「Pentium M-900MHz」オンボードのマザーがEPoXから

2004年02月28日 00時00分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
IP-4MTS2B
「Pentium M-900MHz」がオンボードという珍品「IP-4MTS2B」

 「Pentium M-900MHz」をオンボードで搭載するというEPoX製のマザーボード「IP-4MTS2B」がスリートップ2号店に入荷している。ボードサイズは146×203mmという変わったもので、チップセットは“i855GME+ICH4”。



ヒートシンクを外した ブラケット
ヒートシンクを外したところボードサイズが146×203mmという特殊でブラケットも付属しない
電源 マニュアル
電源はケーブルで従来のATXコネクタに変換する英語のマニュアルが付属

 モバイル向けとされるPentium Mの中でも「Pentium M-900MHz」は“超低電圧版”と呼ばれる製品で、同社サイトにはAC電源駆動時1Vまたは1.18Vという記述も見える。そのためか「IP-4MTS2B」本体にはCPUとチップセット、どちらもファンレスのヒートシンクのみが装着されており、発熱の低さがうかがえる。
 拡張スロットの構成はPCI/DDR DIMM共に1本となり、オンボードインターフェイスはVGA、サウンド、ギガビットイーサネットなど。なお、冒頭でも触れたようにボードサイズが146×203mmと特殊なため、搭載できるケースは不明となっている。価格は6万9800円となっているが、取材時にはすでに完売となっていた。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ