このページの本文へ

在庫わずか!PFU製のMicro ATXフォームファクタのPentium M対応マザーボードが発売中

2004年05月19日 23時47分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
PD-41PM160M1 ダンボールに入れられて
Pentium Mに対応しながらフォームファクタがMicro ATX、しかもAGPスロットを搭載するというマザーボード「PD-41PM160M1」パッケージ…などは無く、ダンボールに入れられて販売されている

 先週お伝えした通り、Pentium Mに対応しながらフォームファクタがMicro ATX、しかもAGPスロットを搭載するというマザーボード「PD-41PM160M1」が発売されている。メーカーは富士通の関連会社であるPFU。販売ショップのOVERTOP、および発売元の岡谷エレクトロニクスによると、登場したばかりの“Dothan”コア版Pentium Mにも対応するという。



ポップ
値段は高いがCPUとセットで、よく売れているとのこと

 この製品は、チップセットにグラフィック機能を内蔵した“i855GME”を採用するマザーボード。従来のPentium M対応のマザーボードでありがちな、Mini ITXフォームファクタやその他特殊な形状ではなく、一般的に販売されているケースを使用できるMicro ATXフォームファクタである点が特徴となっている。
 拡張スロットの構成はAGP×1、PCI×3、PC2700(DDR333)対応のDDR DIMMスロットが2というもので、チップセット内蔵のグラフィック機能を使わずに、任意のAGP対応ビデオカードを使用できるのもうれしいところだ。その他オンボードインターフェイスには、サウンドと10/100Base-Tイーサネットを2ポート搭載。付属品としてクーラーマスター製のPentium M対応CPUクーラーが同梱され、バックパネルやマニュアル、ドライバCDも付いている。販売しているOVERTOPでは、4万9800円という価格にもかかわらずよく売れているとのことで、在庫はあとわずかとなっている。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ