このページの本文へ

たて続けに登場のGeForce3カード、第3弾はVisiontek製

2001年05月04日 21時09分更新

文● 小磯

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Visiontek GeForce3

 Leadtek製GeForce3搭載ビデオカード「WinFast GeForce3」の登場から一夜明けた4日、今度は米Visiontekから第3弾「Visiontek GeForce3」が現れた。VisionTekは、それほど馴染みはないものの、これまでもNvidia製ビデオチップを搭載したビデオカードがいくつかアキバで販売されているメーカー。



プリント

 気になるスペックだが、コアクロック200MHz、メモリクロック230MHz(DDR 460MHz)で動作する点をはじめとして、先行する2製品と基本的には変わらないと言っていい。パッケージ裏面にプリントされているカードの写真を見る限りでは、D-Sub15ピン端子とテレビ出力端子を装備した、リファレンスどおりのカードだ。

 ただし、ドライバの仕様やTweakユーティリティが付属するのかなどといったソフト面を中心に、今のところ不明な点が多い。ショップでも中身を確認できていないため、ナゾのGeForce3カードといった状態である。おそらく先行2製品と性能差はあまりないだろうが、それでも購入する場合には人柱になる覚悟が少なからず必要になるだろう。
 価格は高速電脳で5万1800円、OVERTOPで5万2800円。実売価格も先行する2製品とほとんど変わらない。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ