このページの本文へ

Prolink製GeForce3搭載ビデオカードが予定どおりデビュー!

2001年04月28日 18時26分更新

文● 小磯

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
販売中

 27日の記事でお伝えしていたように、GeForce3搭載ビデオカードの第1弾がProlinkからアキバにデビューした。型番は“MVGA-NVG20A”。実売価格は4万8800円~4万9800円で、いくつかのショップが販売中だ。仕様についてはレビューを参照してほしいが、現時点で最速と噂されるにも関わらず、実際のパフォーマンスについての情報がほとんど公表されていなかっただけに、ベンチマーカーたちの注目はかなりのもの。入荷するやいなや店内に待機していた人が購入していくショップもあるなど、Pentium 4-1.7GHzとあわせ、アキバでは久しぶりの大型人気商品となっている。



MVGA-NVG20A
“MVGA-NVG20A”。全体が黄色で統一されている
パッケージ
パッケージに貼られた黄色い紙(左)と“PixelView Multimedia”のロゴ(右)

 専用のパッケージが間に合わなかったのか化粧箱には“PixelView Multimedia”の印刷があるのみ。そこに“GeForce3”のロゴが大きく躍る黄色い紙が貼られているだけで、MVGA-NVG20Aの製品名をうかがわせる表記は確認できなかった。一方、代理店であるエムシージェイのウェブサイトには製品名と思われる「XX-Player」という記述があり、どうやら次回以降の入荷分からこの製品名が印刷されたパッケージに収められることになりそう。



内容物

 気になるのは、なぜか「Ulead VideoStudio SE 4.0(Analog)」がパッケージに同梱されている点。MVGA-NVG20Aにはテレビチューナやビデオキャプチャ機能などはいっさいないため、同梱の理由はまったくもって不明。ただ“うれしいオマケ”であるとは言えるだろう。約5万円のビデオカードを購入してくれた人に対する、Prolinkからのプレゼントかもしれない。なお、ソフトDVDプレーヤ「PowerDVD 3.0」もパッケージにはバンドルされている。



マニュアル
MVGA-NVG20AにはDVI出力端子搭載モデル、DVIに加えてビデオ入出力端子を搭載したモデルもあるようだ

 カード自体の仕様は既報のとおり。ビデオチップには“A5”コアのGeForce3を搭載している。仕様書とマニュアルから判断するに、VRAMはEliteMT製のDDR SDRAM(64MB、3.8ns)であるもよう。また、Conexant製のビデオエンコーダを搭載し、テレビ出力を行える。  このほかマニュアルによれば、付属のドライバによりコアとメモリチップのオーバークロックが可能となっているようだ。



28日現在の価格情報

28日現在の価格情報
価格ショップ
\48,800サトームセンパソコン館 PC isLand
USER'S SIDE本店
\49,800OVERTOP
高速電脳
コムサテライト1号店
コムサテライト3号店
T-ZONE.PC DIY SHOP
PCiN秋葉原
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ