このページの本文へ

“GeForce3でお中元(?)”第2弾! 今度は焼き印付きの巨大木箱入り

2001年07月01日 17時24分更新

文● 小磯

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
まるでお中元コーナー@OVERTOP

 先週登場して話題を集めたSUMAの缶入りGeForce3搭載ビデオカードに続き、今後は木箱に入った製品がアキバに登場した。これまたデパートのお中元コーナー、特にハムやローストビーフなどのコーナーに置いてありそうなGeForce3カードである。



Morpheus GeForce3
「Morpheus GeForce3」の木箱

 この箱入りカードはAbsolute Multimediaという聞き慣れないメーカー製の「Morpheus GeForce3」(“Morpheus”(モーフィアス)はギリシア神話で夢や眠りを司る神)。D-Sub15ピン出力、テレビ出力とDVI出力をオンボードで搭載するカードのレイアウトはリファレンスどおりで、チップクーラーとヒートシンクの形状、そして基板の色以外はすでに流通しているLeadtek製カードなどと同じものを採用している。もちろん搭載しているVRAMも64MBのDDR SDRAMと変化はなし。ちなみに、Absolute MultimediaのウェブサイトではゲームソフトやソフトDVDプレーヤがバンドルされている旨が記載されているが、今回登場したものには各種ソフトどころかマニュアルも同梱していない。つまり木箱の中にはカードとドライバCD-ROMしか入っていないわけだが、このように仕様が異なっている点には注意したいところである。



蓋
木箱の蓋。側面にもロゴの焼き印がある。木箱の中には右手奥に見えるピンク色の分厚い発泡スチロールがすっぽり入っており、カードはその発泡スチロールにくるまれている
カード
大きい箱の中に入っているのはこのカード1枚とドライバディスクのみ
箱の中。木の厚みは場所にもよるがおおよそ6~8mm程度

 さて木箱に目を移すと、サイズは実に385(W)×245(D)×75(H)mmと巨大で、アキバではまず見かけないパッケージということも手伝ってとにかく目立つ。それほど良質の木を用いているわけではなさそうだが、メーカーロゴをはじめとしてNvidiaのロゴまで焼き印が押されているあたりはなかなか魅力的だ。平均的なブックサイズPCやベアボーンキットよりゆうに2周り以上大きいため、空調の問題さえクリアすればこの木箱を使って“Nvidia印の木製小型PC”も楽に作成できそう。GeForce3カードは自分のPCに使って、巨大な木箱はPCとしてお中元に、といった使い方もアリ?!
 価格はOVERTOPで4万5800円。



Nvidiaロゴ
さりげなく入っているロゴがファン心理をくすぐる
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ