このページの本文へ

米SGI、IntelベースのLinuxサーバ「SGI 1400L」を発売

1999年08月03日 00時00分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 米SGIは2日(現地時間)、Red Hat Linux 6.0を搭載した企業向けサーバ「SGI 1400L」を発売することを発表した。これは同日、Intelアーキテクチャをベースとしたサーバ「SGI 1000 ファミリ」をリリースしたことを受けたもの。この中のラインアップの1つとして、今回、Linuxを搭載した「SGI 1400L」とWindows NT Serverを搭載した「SGI 1400M」の2製品が用意された。同社がLinuxプリインストール製品を発売するのは今回が初めて。

SGI 1400「SGI 1400」。LinuxベースとWindows NTベースの2種類が用意されている

 スペックは、CPUがPentium III Xeon-500MHzを1~4個、512KB/1MB/2MBの2次キャッシュ、4GBまでのメモリ、PCIスロット×7、ホットスワップ対応のUltra2 SCSI ドライブベイ6基、冗長電源を搭載している。また、本体はラックマウント、デスクサイドの両方の設置が可能。

 特徴としてOSに、SGIが独自に開発した「SGI Linux Environment 1.0 with Red Hat Linux 6.0」を搭載している。これは、米Red Hatと提携して開発されたもので、基本的には、Red Hat Linux 6.0がベースとなっているが、同サーバでパフォーマンスが向上できるよう最適化されているという。SGI独自のTCP/IPスタック管理ソフトウェアによってWebサーバ「Apache」の最適化が行なわれているほか、ファイル共有を行なうためのNFSの機能も向上している。Sambaなどの機能も搭載されている。

 価格は、シングルプロセッサ、512KBキャッシュ、256MBのメモリ、9GBのHDDの基本仕様で7935ドル(約97万円)から。なお、Windows NTをプリインストールしたモデルは、8945ドル(約110万円)となっている。

 このほか、同社ではサポート体制も強化している。24時間年中無休の電話サポートのほか、顧客教育などのプログラムも用意している。

 なお、日本SGIによれば、国内での発表はローカライズなどの作業が終了する9月に入ってからだという。どの製品で対応するか、また価格やスペックといった詳細は未定。

カテゴリートップへ

  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!