このページの本文へ

松村太郎の「ケータイが語る、ミクロな魅力」第23回

プラダを着た小悪魔「PRADA phone」

2008年05月15日 11時00分更新

文● 松村太郎/慶應義塾大学SFC研究所 上席所員

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

既存の顧客も「納得」のデキ


 PRADA phoneの発表会には、プレスのほかにプラダのファンも会場に招かれていた。僕がお話を聞いた方は、満足げに発売を心待ちにしていると語っていた。

 思ったよりもコンパクトで軽いのがうれしいです。またタッチパネルも、iモードも、デコメールも、普段使ってきたケータイと同じように使えるところもいいですね。不自由しない感じ。革のケースも、プラダで普通に買ったら3万5000円くらいしそうな質感で、少々値段が張っても仕方ないかな。

 ファッションブランドとしてケータイを出すからには、既存の顧客にキチンと納得してもらうことはとても大切だ。PRADA phoneについては、そこはキチンとクリアーしていたようだった。

待ち受け フラッシュベースの待ち受け画面は、シンプルかつ機能的だ
メニュー画面 デコメール
iモードなど、日本ならではの機能をキチンと備えているため、既存ユーザーも心配なく利用できるデコメールにも対応する。しかしプリセットの素材は、ブランドにあまり関係ないようだ
カメラ撮影機能
全画面が利用できるカメラ撮影機能は迫力がある。ただし、スライド式のズームはあまり使い勝手がよくないと感じた
PRADA aoyama epicenter
ちなみに発表パーティーは、表参道にあるPRADA aoyama epicenterの6階で行なわれた。紫色の間接照明で彩られたすてきなスペースだった

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン