このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 次へ

よろしくパソドック 第7回

【よろしくパソドック Vol.7】

眩しい彼は王子様!? 恋のアクセスランプは100W!

2007年10月29日 21時00分更新

文● 藤山 哲人

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

実際に使ってみると……

 パワーLED、HDDアクセスLED×2、ネットワークLEDの計4つを100W電球にしてみたところ、電源を入れた瞬間4灯が一斉点灯。部屋は真夏の炎天下の太陽に晒されたようにまぶしく光る。
 ディスプレイ横のパソコン、ましてやディスプレイの上に100W電球化装置なんかを置いた日にゃ~旦那! 眩しくってメモリチェックの文字見えましぇん。

起動してる~って感はあるが、熱いし眩しいし……

BIOSチェック時には、全部光りだすという罠っ! 眩しい以上に暑さも尋常じゃないっ!

 BIOSチェックが終わると、HDDアクセスランプが消灯し、やっと目が開けられるほどの光に(笑)。これから工作する読者に忠告しておこう!

通販チャンネルでお馴染みの“イーグル・アイズ”必須!

 インチキ臭いサングラスだが、NASAのジェット推進研がワシの目を研究して作った油膜を採用したものだとか……。NASAもパソドックとあまり変わらんネーじゃん! 無意味に熱く語るオフィシャルページはこちらから
 で! 気がついたのはネットワークLED。どうやらたいていのマシンは、

アクセスしていないときに点灯、アクセスがあると消灯

 というオチである。
 ううう……。ネットワークLEDはマシンの背面にあるからサッパリ気がつかなかった! したがって、ネットワークを使っていないとパワーとネットワーク電球が輝き、合計200Wの強烈な光線を浴びまくり!

 えー、マジ日焼けしそうです……

 回路設計のできるマニアなら、LEDの出力をLS7404などで反転していただきたい。「“LS7404”って何さ? それより眩しくて仕事になんネーよ!」という場合は、ASCII.jpをリロードしまくるか、常にWi○nyなどでネットワークに高負荷を掛けておこう。またメーラーの設定で、自分宛に届いたメールは、すべて自分宛にFWするなどしてもいいだろう。いずれもマシンがとてつもなく重くなり仕事にならなくなるが、眩しくさは軽減できる。
 かたやHDDアクセスランプは、ムービーを再生してもそんなにビカビカとは光らない。数秒に1回チカッ!と光るだけなのだ。部屋を明るく照らしたい場合は、ファイルのコピーがお勧めだ。2台のドライブ間で互いに巨大なファイルをコピーすると、いい具合にクラブのような点滅を繰り返す照明となる。
 さらに明るくしたい場合は、デフラグが有効。ただ1回デフラグをかけてしまうと、2回目以降は長いこと眩しく輝かない。そこで登場するのがウィルスチェックソフト。激しくディスクアクセスするので、チェック中は100W電球が点きっ放しだ。またメモリを1枚抜いて、レタッチソフトやらエンコーダを起動してやれば、激しくスワップしてこれまたイイ感じにクラブ調の照明に! あ、あれ? なんかアクセスランプじゃなくて照明の説明になってる……。
 自宅でのテストは(筆者的に)非常に好成績だっため、早速編集部に持ち込んで自慢することにした(笑)。
 セッティングをしていると「なにソレー?」と編集者が集まってくる。ファーストインパクトはそこそこである! 中には「変なフィギュアのライターだろ?アイツ」とか……。


聞こえてるって! っつかいつか見返してヤル! チクショー!

 いよいよ。お披露目(自慢)である! 電源を入れFTPで自宅サーバからエロムービーをDLしながら、Cドラブをデフラグしつつ、Dドライブをウィルスチェックして見せると、群集から「おお!」と歓声。してやったりである。
 しかし5分ほどすると、百メートルほど離れた営業部のおじさんがやってきた。

 気が散るからソレやめて欲しい

 と……。げーん!
 どうやらオヤジには、この装置の素晴らしさを理解してもらえなかったようで、設置後わずか20分で引退となった……。
 このように、会社や学校では不評であるが、自室で使うとかなり好評かつ実用的であることが証明された。
 光る空冷ファンなんて甘っちょろい! これからは100W電球でギンギンにパソコンをドレスアップぜ!

●次回予告 

   次回は、“痛車”ならぬ“痛パソ”の作り方記事をやろうかな?と企んでいるのだが、編集部から次のような連絡が来たためちょっと悩んでいる。「あのね、藤山さん。編集会議でですね、藤山さんにエ●ゲー専用のフットスイッチを作ってもらいたいということになったんですよ。エ●ゲーの最中にハンズフリーになるようなもので、もう魚肉ソーセージを食べながらのプレイもOKって感じのやつ?(爆笑)」
 本当にふざけた編集部である。こうやって筆者のライター生命を確実に削っていくのである。現在鋭意構想中ってことで、次回「魚肉ソーセージを食べながらプレイ! ハンズフリーフットスイッチでエ●ゲー三昧」(ダイレクト過ぎるので仮称)を待て!

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ