このページの本文へ

よろしくパソドック 第7回

【よろしくパソドック Vol.7】

眩しい彼は王子様!? 恋のアクセスランプは100W!

2007年10月29日 21時00分更新

文● 藤山 哲人

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(13) ミノムシクリップの場合
 ICクリップの変わりにミノムシクリップを使う場合は、次の手順のようにする。

ゴムを外してクリップに半田を流す。次にゴムを通した電線を反対側から差し込み、穴を通して裏側に線をハンダ付け

 なおサビサビのクリップは、部品を噛ませてハンダ付けをし易くする工具。名前は知らない(笑)。

名前は知らないが、あると便利だ。とはいえ、事務用のクリップなどでも代用できる

 ハンダ付けが終わったら、電線をかしめてゴムカバーを元に戻す。

クリップの電線押さえをかしめて固定。次にクリップに何かを噛ませてゴムを被せる。何も噛んでいない状態でゴムを被せるのは、超難しいぞ!

 完成するとこんな感じになる。

黒々としてアレだ

もう子供のアレにしか見えない(笑)

 この姿がミノムシに見えることから、ミノムシクリップと呼ばれているが、筆者には日本人男性の7割がソレと言われているアレにしか見えない(笑)。筆者もだ!

(14) コネクタを利用する場合
 マザーボードのLEDコネクタに直接接続する場合は、デジタルオーディオ用のケーブルや、余っているコネクタを使うといい。ただ4ピンコネクタなどの場合は、ピンを差し替えてやろう。

プラスチックのタブをピンセットでちょっと引き上げながら、電線を引っ張ると端子が抜ける。引っかかりが2ヵ所あるので注意しよう

 外した端子を別の穴の奥までに差し込めば固定される。

優しく挿し込めば、ツボッ!とハマる

あとはコネクタから出ている電線を適当なところでカットして、電線同士をハンダ付けすればいい

(次ページへ続く)

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ