このページの本文へ

よろしくパソドック 第7回

【よろしくパソドック Vol.7】

眩しい彼は王子様!? 恋のアクセスランプは100W!

2007年10月29日 21時00分更新

文● 藤山 哲人

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(9) 基板に電源を接続
 基板のAC-INには100Vの電線を接続する。基板の穴が小さくて、電線がウマく入らないので、キリで優しく穴を広げるといいだろう(ん~、エロイな……)。パソコンから取る12Vは、黄色い線をDC-INの+側に、黒い線を-にハンダ付けする。

ここまでで工作の8割がたは完成

100Vの電線は極性がないので、プラス・マイナスを気にする必要はない。12Vは極性に注意しよう

(10) 木の切れっ端に回路と電球、電球ソケットを配置
 必ず電球をソケットに差し込んでレイアウトすること。じゃないと、ソケットの間隔が狭すぎて電球が入らないなんてことになる。あとは、基板のAC SW端子からソケット間の長さを見ながら電線をカットする。

ソケットに電球をつけて仮配置。回路とソケットの長さに合わせて100V用の電線をカットする

(11) ソケットの接続
 電球ソケットに電線を接続する。写真では圧着端子を利用しているが、通常は、半田メッキした線をネジに噛ませて固定する。

ソケットによっては端子がちがうので、それぞれに応じた接続をしよう

ショートにはじゅうぶん注意しよう

 なお反対側の電線は、基板のAC SW端子にハンダ付けする。穴が小さいので、キリで穴を大きくしてからハンダ付けだ。

(12) ICクリップの製作
 ICクリップのボタン部分を外すと写真のようになっている。この金属(銅)部分は、先のU字型の針とつながっているので、小さなパーツの足との接続が可能になっている。

ICクリップ

ボタン部分を外したところ

 まずICクリップの銅部分に半田を流す。次に取り外したボタンを電線に通して、クリップにハンダ付け。

本当は“エ”の字の細くなった部分に、電線を巻きつけ強度を確保するのだが、そんなに引っ張らない(ものとして)巻かずにハンダ付けしている

 完成するとこんな感じになる。

プラスとマイナスが分かるように、ICクリップの色を変えておこう。こうして4本分(8端子)のICクリップを電線にハンダ付けする

(次ページへ続く)

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ