このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

よろしくパソドック ― 第2回

【よろしくパソドック Vol.2】

スケートみたいに滑っちゃえ! テフてふテフロン♪ るるるる~

2007年05月19日 23時00分更新

文● 藤山 哲人

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
使い込んだマウス
うは! 触りたくないぐらい、ばっちぃマウス……。もう4年物ぐらいかな?

 最近のマウスは、赤く光る光学式やレーザーマウスに切り替わり、昔のようにボールとマウス内部の回転検出ローラーを掃除するなんてことがなくなった。だからマウスを動かしても反応が悪いということは少ない。唯一の弱点の言えば、長年使っているうちに、だんだんすべりが悪くなってしまう点だろうか。
 原因は、すべりをよくするために裏側貼られた樹脂製の足だ。買った当初はすべりもよく、マウスの動きも快調なのだが、使い込んでいるうちに樹脂の表面が削れてしまうのだ。さらにマウスパッドの小さなごみや手垢が、その樹脂にへばりつき、知らないうちにどんどんマウスが重くなっていく。

樹脂に付着した汚れ 作業している机も汚いだけに、汚れも激しい!すべりをよくする樹脂も、こうなっては意味がない

 これがマウス肩こりの原因だ。毎日毎日少しずつ重くなり、これが積もり積もると、桁違いにすべりが悪くなってしまい、肩こりからくる体の不調につながるのだ。これは1万円近い高級マウスでも、980円で買ったジャンクマウスでも同じだ。

光学式マウス 最近のマウスは、赤いLEDの光学式マウスに切り替わり、メンテナンスフリーになった。それゆえマウスの裏側を見る機会も減り、汚れがたまりがちだ

重いマウスをどうやって軽くする?

テフロンテープ(シート状)#5490
住友スリーエム製の“テフロンテープ(シート状)#5490”。Googleなどで検索して通販で買うか、東急ハンズやDIYショップで。価格は、東急ハンズ新宿店で630円

 いちばん簡単だが、いちばん嫌なのがマウスパッドにサラダ油や「CRE5-56」(いわゆる“クレゴーゴーロク”)などのミシン油を塗る作戦。確かにメッチャ軽くなるのだが、手はベタベタでかなり嫌~んな思いをする。次に思い付くのが、マウスの足の交換。でも、アキバ中のPCショップを回っても交換パーツなど売っていない。
 しかし世の中には、便利な素材がある。それが魔法の素材「テフロン」だ。テフロンは、デュポン社の登録商標なので、「テ●ロン! テフ●ン!! テフロ●っ!!!」とか連呼してはならないが、あのツルツルすべるフライパンでもおなじみの、表面加工技術である。一般には「フッ素樹脂加工」と呼ばれるアレだ。
 フッ素樹脂加工されたフライパンだと、油も引いてないのに卵は焦げ付かず、あまつさえフライパンの上をスルスルと滑り出す始末。えらく滑るのである。
 このフッ素樹脂加工の代表格であるテフロンを粘着テープの表面に加工した「テフロンテープ」なるものが存在する。住友スリーエムから発売されている、「テフロンテープ(シート状)」がそれである。

 この魔法のテープは、東急ハンズ渋谷店と新宿店でも見かけた。おそらくほとんどの東急ハンズで入手可能と思われる。近所にハンズがない場合は、住友スリーエムのテープを扱っているDIY店で取り寄せてもらうか、インターネットなどで型番をググって通販で購入して欲しい。

(次ページへ続く)

前へ 1 2 3 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ