このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

ビリーズブートキャンプに関する10の疑問

ブートキャンプの疑問にお答えする

2007年06月20日 14時25分更新

文● アスキー・ビリー部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ブートキャンプのここが知りたい


Q ビリー隊長についてもっと教えてください。
A 今でこそエクササイズの指導者として成功を収めているが、子供のころは股関節に問題があり運動が苦手だったそうだ。しかし、少しずつにスポーツの才能を開花させ、テコンドーは黒帯7段を取得し、空手においては“World Karate”のチャンピオンに7回もなるほどの腕前だ。“最強の51歳”の呼び名は伊達じゃないってわけだな。

Q 隊長が映画に出てるって本当ですか?
A グッジョブ! よく聞いてくれた! 隊長は、『Lionheart』『Balance of Power』『Tough & Deadly』『Back in Action』など、18本の映画に出演している。ビリー隊長の格闘シーンを見たいなら『The King of the Kickboxers』がお勧めだ! 海外ドラマの『ER緊急救命室V』第14話では、キックボクシングのインストラクター役として出演しているぞ。

Q DVD中、ビリーの右側で一緒にエクササイズしている女性は誰ですか?
A すごい腹筋の彼女のことか? 彼女の名はシェリー・ブランクス。そう、ビリー隊長の娘さんだ。14歳の時に柔術のジュニアオリンピックで金メダルを獲った経歴を持ち、テコンドーにおいては黒帯5段を持つ、筋金入りの格闘家だ。ブートキャンプのトレーナーとして、ビリー隊長をサポートされている。ちなみに好物はパイナップルだ。

Q シェリーは白人みたいだけど……。
A 隊長の奥方、ゲイル婦人の連れ子らしいな……。おい、余計な口をきく前に体を動かせ! ワンモアセッ!!

Q ブートキャンプはアメリカでは有名じゃないと聞きましたが、本当ですか?
A アメリカでは、ビリー隊長のエクササイズは“TAE BO”(タエボー)という呼び名で有名だ。TAE BOはビリー隊長が1982年に生み出したもので、テコンドーやボクシングなどの動きに、エアロビクスやダンスの要素を取り入れたエクササイズだ。90年代後半から、さまざまな種類のTAE BOのビデオが発売されていて、実はブートキャンプもTAE BOの一種と言える。TAE BOに軍隊式のトレーニングを取り入れたのがブートキャンプというわけだ。

Q TAE BOとはどういう意味ですか?
A “TAE”はTAE KWON DO(テコンドー)、“BO”はBOXINGから取った言葉だ。まだまだ勉強不足だな。それ、ミリタリープレス(腕立て伏せ)10セット!

Q ほかのTAE BOのビデオとビリーズブートキャンプのちがいは?
A ビリーズブートキャンプは、従来のTAE BOに比べて、腕立てや腹筋などの筋トレの要素が強い。ビリーバンドも使うのでかなりきつい内容だ。一方、ほかのTAE BOシリーズは、筋トレよりも有酸素運動の要素が強い傾向にある。ほかのTAE BOエクササイズに興味を持つのはいいが、DVDのリージョンコードには注意しろよ!

Q 『ビリーズブートキャンプ』と『ビリーズブートキャンプ エリート』の違いは?
A 現在、テレビCMなどで紹介されているのが『ビリーズブートキャンプ』。ブートーキャンプシリーズの初代にあたるもので、日本版としてショップジャパンから発売されている。『ビリーズブートキャンプ エリート』は2006年に発売されたブートキャンプの最新版。米国版はネットなどで買えるが、日本語字幕は付いていないから注意が必要だ。

Q 隊長が手につけている黄色いグローブが欲しいのですが。
A あれはグローブじゃない! 黄色いバンテージ(包帯)だ!!

Q ブートキャンプをやるうえで重要なことは何ですか?
A うちの隊に、肩を痛めて病院に行った新兵がいる。ドクターに「ブートキャンプで痛めたのはおたくで4人目さ」と言われたそうだ。ひよっこのうちは、余計なところに力を入れてしまい筋を痛めがちだ。運動前と後には首と肩のストレッチを入念にやるんだぞ!



テレビ出演をチェック!


 合同演習には参加できないけど、どうしてもビリー隊長に会いたいという隊員が多いみたいだな。ひとついいことを教えてやろう。隊長は、21日の『ズームインSUPER』(日本テレビ)を皮切りに、各局のテレビ番組に出演する予定だ。番組表のチェックを忘れるなよ!

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン