このページの本文へ

「LINE WORKS」がCDataと連携開始。SalesforceなどのCRMとノーコードでデータ連携

2022年09月06日 15時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 CData Software Japanとワークスモバイルジャパンは9月6日、「CData」と「LINE WORKS」が連携を開始したことを発表した。汎用コネクター「CData API Driver」で利用できるLINE WORKS向けの事前定義API Profileのリリースにより、LINE WORKS上のデータをSalesforceやDynamics 365といったCRMへの連携を実装し、顧客データのシームレスな活用が可能になる。

 LINE WORKSでは、外部からのデータ連携のために「LINE WORKS API 2.0」を4月より提供している。APIはエンジニアがコーディングによりデータにアクセスするためのインターフェースで、今回CDataとワークスモバイルジャパンは、非エンジニアによるLINE WORKS API 2.0の利活用を実現した。

 CDataの汎用ドライバーシリーズであるCData API DriverがLINE WORKSに対応したことにより、CData API Driverを使うことで、CData Arc、ASTERIA Warp、DataSpider、InformaticaといったETLツールからLINE WORKS上のデータに接続が可能になり、Salesforce、Dynamics 365などのサービスとの連携を簡単に実現できるようになるという。

 LINE WORKSで友だち追加されたLINEユーザー情報を元にCRMに顧客を登録、LINE WORKSでの顧客のLINEとのコミュニケーションの会話のログなどをCRMへの反映、LINE WORKS上のデータとCRM・MA・ERPなどの顧客データとの統合分析など、あらゆるアクションにLINE WORKS上のデータを活用できる。

 CData API Driverは、ETLツールからの利用だけでなく、Power BI、TableauなどのBIツール、RPAやノーコードアプリ開発ツールからも外部コネクターとして利用可能で、LINE WORKS上のデータの活用を幅広いシナリオで拡張できる。

 CData Software Japanは、CData Arcを使ってビジネスチャットLINE WORKSのデータをSalesforceに連携する活用例や、CData SyncからLINE WORKS API 2.0に接続してカレンダーに登録している予定情報をDBに同期する活用例を公開している。

カテゴリートップへ