前へ 1 2 3 4 次へ

AKRacingのゲーミングチェアがモチーフになったイスに乗り、足漕ぎでスピードを競う!

つばさが『スーパー野田ゲーWORLD』収録のレースゲーム「Ashi Kogi Racing」に挑戦! 簡単操作だが結構奥深い

文● 八尋 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

『スーパー野田ゲーWORLD』に収録されているレースゲーム「Ashi Kogi Racing」をプレイしてきた!

 カヤックと吉本興業が7月28日に発売予定のNintendo Switch用ソフト『スーパー野田ゲーWORLD』。M-1グランプリ2020の王者・マヂカルラブリーの野田クリスタルさんと、面白法人カヤックの後藤 裕之氏が共同開発する『野田ゲー』シリーズの最新作だ。

『スーパー野田ゲーWORLD』

 前作『スーパー野田ゲーPARTY』に引き続き、『スーパー野田ゲーWORLD』でも資金と素材をクラウドファンディングで調達。前作の3倍以上の約4245万円を調達したほか、5254人の出資者から3000点以上の素材が寄せられたという。

 さらに、ゲーミングチェアブランドとしてしられるAKRacingも本作に出資しており、AKRacingのゲーミングチェアをモチーフにしたレーシングゲーム「Ashi Kogi Racing」も収録されている。

 このほか、発売時には13本、後日アップデートで計20本のゲームがプレイ可能だ。

 以上のように『スーパー野田ゲーWORLD』と「Ashi Kogi Racing」についてさらっと紹介したものの、最初に聞いたときは正直頭に“?”が浮かんだ。ゲーミングチェアのレーシングゲームなんて、聞いたことがないし、正直かなりシュールではないのか。

 今回は、発売に先駆けて実際にプレイする機会を得た。そこで、Ashi Kogi Racingはシュールなだけでなく、しっかりと熱くなれるレーシングゲームだというのも確認できたので紹介したい。

前へ 1 2 3 4 次へ

過去記事アーカイブ

2022年
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
2020年
10月
2019年
06月
2017年
04月
06月
2015年
08月
12月