AKRacingのゲーミングチェアがモチーフになったイスに乗り、足漕ぎでスピードを競う!

つばさが『スーパー野田ゲーWORLD』収録のレースゲーム「Ashi Kogi Racing」に挑戦! 簡単操作だが結構奥深い

文● 八尋 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

コースは3種類、難易度の上がったコース逆走モードも用意

 コースはスタンダードな「サーキット/EASY」、雪道で滑りやすい「山道/NORMAL」、加速するジャンプ台が用意されたネオンの光が特徴的な「サイバー/NORMAL」が用意されている。プレイした感じでは、まずはサーキットで操作に慣れてきたら、山道やサイバーも遊んでみるというのがいいだろう。

「サーキット/EASY」

「山道/NORMAL」

「サイバー/NORMAL」。なお、この3つを逆走するコースも用意されているという

 というのも、地面をキックして加速するタイミングやテンポ、背もたれを倒すタイミングが結構大切ということに、プレイをしてみると気付く。初めて体験したつばさも、実際にプレイしてみて「操作が簡単だからチェアの操作も簡単だと思っていたけど、実際に遊んでみると、速く走るの結構難しい! みためはシュールなのに、レースに関しては結構奥が深いのがいいね!」と「Ashi Kogi Racing」を楽しんでいた。

つばさが加速するジャンプ台が用意されているサイバーに挑戦

当たると跳ね返る障害物もある

クセの強いコースに四苦八苦するつばさ

最終的に6位でゴール

「思ってたより難しい! でも上手く加速できたり、上手く曲がれたりするとうれしいから、何度も挑戦したくなるよコレ!」と楽しんでいる様子だった

ちなみに、コースの背景にあるイラストやBGMも、本作を開発する際に寄せられた素材を採用しているのだという

過去記事アーカイブ

2022年
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
2020年
10月
2019年
06月
2017年
04月
06月
2015年
08月
12月