前へ 1 2 次へ

世界各国からトップクラスのプロゴルファーが参戦、ブースでは特徴が異なる4種類のチェアを展示

世界最高峰のプロゴルフツアーPGA TOURトーナメント「ZOZO CHAMPIONSHIP」にAKRacingが協賛、 ゲーミングチェアとの親和性とは?

文● 八尋 編集●ASCII

提供: AKRacing

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ZOZO CHAMPIONSHIP

「ZOZO CHAMPIONSHIP」にAKRacingのブースが設置されていた

世界トップクラスのゴルファーが参戦!
AKRacingがブースを出展

 10月19日から22日まで、PGA TOURトーナメント「ZOZO CHAMPIONSHIP」が開催された。2022年~2023年のFedExCupポイント上位60名のほか、JGTO(日本ゴルフツアー機構)の賞金ランキング上位8名、BMW 日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップの優勝者、スポンサー推薦枠の9名が参戦。

 世界各国からトップクラスのプロゴルファーが一堂に会したほか、日本からは松山 英樹選手や石川 遼選手を始めとした14名が出場した。賞金総額は約12億円と国内トーナメントを大きく上回る破格の大会規模となっている。会場となったアコーディア・ゴルフ 習志野カントリークラブには、多くのゴルフファンが駆け付け、試合の様子を見守っていた。

世界各国からトップクラスのプロゴルファーが参戦

アコーディア・ゴルフ 習志野カントリークラブで開催された

 私はゴルフは未経験なのだが、この大会のオフィシャルパートナーに気になるメーカーを見つけた。ゲーミングチェアを中心に展開するAKRacingだ。AKRacingは、ゲーム向けを中心に、テレワークやオフィス、リビング向けのチェアなども展開している。実際に私も、テレワーク兼ゲームプレイ用に、パソコンデスク前ではAKRacingのゲーミングチェアに座っている。

 今回、AKRacingがZOZO CHAMPIONSHIPに協賛するほか、会場にブースを設けるという話を聞いたので、実際にアコーディア・ゴルフ 習志野カントリークラブのブースに行き、ゴルフとゲーミングチェアはどんな親和性があるのか、聞いてきた。

さまざまな素材を採用したチェアを展示

AKRacingの複数モデルが展示されていた

 出展ブースには、AKRacingのゲーミングチェアのフラッグシップモデルで、私も使用している「Pro-X V2」のほか、岡山県産のデニム生地を採用する「Denim シリーズ」のチェアとオットマン、本革のイタリアンレザーを採用するオフィス向けチェア「Premium Monarca」、本田 翼さんが監修したチェア「本田翼 監修オリジナルカラーモデル」が展示されていた。

Pro-X V2

Denim シリーズ

Premium Monarca

本田翼 監修オリジナルカラーモデル

前へ 1 2 次へ

過去記事アーカイブ

2024年
02月
03月
2023年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2022年
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2020年
10月
2019年
06月
2017年
04月
06月
2015年
08月
12月