前へ 1 2 3 次へ

クオリティーの高いコラボチェアに感動、『パワプロ』初心者同士の対決結果やいかに!?

楽天と巨人、 社内で推しプロ野球チーム愛が衝突してたのでコラボチェアに座って『パワプロ』で決着を付けた

文● 八尋 編集●ASCII

提供: AKRacing

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 2023年のプロ野球のシーズンが終わった。阪神タイガースが日本一となり、日本シリーズも大盛り上がりで終幕した。

 そんな中、編集部に行ってみると何やら会議室で討論が聞こえた。覗いてみると、ジサトライッペイと営業のO山が何やら熱い話し合いをしているようだった。頑張ってるなーと思いながら会議室の横を通過してみると、何やら様子がおかしい。飛び交う言葉の中に、「巨人は~」「楽天は~」と聞こえてくるのだ。

 何の話をしているんだ? と会議室に入ってみると、推しチームの来年の話をしているだけだった。仕事じゃなかったんかい。

 とはいえ、何の話か気になったので聞いてみると、互いに推しチームを自宅で観戦するための環境はどうしたらいいのかを話していたらしい。ジサトライッペイは「やっぱり大きいテレビで観戦したいよねー」と、O山は「音にもこだわりたいですよねー! 臨場感ほしい!」と返していた。

 そこで、2人が同時に振り向き、私の方を向いた。そして声を合わせて「どう思います?」と聞いてきた。急な振りだったので、普通なら答えに困るだろう。しかし、私は2人が興味を持つ答えを知っていた。

 なぜなら、ジサトライッペイは東北楽天ゴールデンイーグルスのファン、O山は読売ジャイアンツのファンだということが、会話で分かったからだ。そこで提案したのが、ゲーミングチェアだ。

 なぜかというと、AKRacingからそれぞれの球団とコラボしたゲーミングチェアが出ているからだ。私は実際に東北楽天ゴールデンイーグルスの本拠地である楽天モバイルパーク宮城や、東京ドームホテルと読売ジャイアンツのコラボルームに取材に行った経験がある。その際に設置してあった、両球団のコラボモデルのクオリティーの高さを知ったため、2人にオススメしたいなと思ったというわけだ。

楽天イーグルスのスタジアムダグアウトに導入したヒーター付きゲーミングチェア、現地レポート
ファン必見! 東京ドームホテルの読売ジャイアンツコラボルームが思い出に浸れてスゴイ

「Pro-X V2 ジャイアンツ コラボレーションチェア」

「東北楽天ゴールデンイーグルスモデル」

 「コラボチェア!?」とまた2人が目を輝かせて聞いてきたので、これは一度見てもらった方が早いなということで、実際に読売ジャイアンツとのコラボモデル「Pro-X V2 ジャイアンツ コラボレーションチェア」と、東北楽天ゴールデンイーグルスとのコラボモデル「東北楽天ゴールデンイーグルスモデル」をお借りして、2人に座ってもらうことにした。

前へ 1 2 3 次へ

過去記事アーカイブ

2024年
02月
03月
2023年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2022年
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2020年
10月
2019年
06月
2017年
04月
06月
2015年
08月
12月