このページの本文へ

生物製剤安全性試験市場ー製品別(機器、サービス、キットと試薬)、試験別(エンドトキシン、滅菌試験、細胞株認証、バイオバーデンなど)、アプリケーション別および地域別ー世界的な予測2030年

SDKI Inc.
2021年08月05日

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

SDKI Inc.
SDKI Inc.は、「生物製剤安全性試験市場ー世界的な予測2030年」新レポートを2021年08月05日に発刊しました。この調査には、生物製剤安全性試験市場の成長に必要な統計的および分析的アプローチが含まれています。レポートで提供される主要な産業の洞察は、市場の既存のシナリオに関する読者に市場の概要についてのより良いアイデアを提供します。さらに、レポートには、市場の成長に関連する現在および将来の市場動向に関する詳細な議論が含まれています。 レポートのサンプルURL https://www.sdki.jp/sample-request-108507


生物製剤安全性試験市場は、2022年に49.0億米ドルの市場価値から、2030年までに109.7億米ドルに達すると推定され、予測期間中に12.2%のCAGRで成長すると予想されています。


調査レポートの詳細内容について
https://www.sdki.jp/reports/biologics-safety-testing-market/108507

政府の支援による製薬およびバイオテクノロジー産業の成長、ライフサイエンス産業への研究開発投資の前向きな傾向、および新薬の発売数の増加は、この市場の成長を推進する要因です。また、生物製剤安全性試験製品およびサービスを促進するための政府のイニシアチブの高まりは、予測期間中に全体的な成長を促進すると予想されます。医薬品や生物製剤を製造する際の微生物汚染とバイオバーデンの割合が高いため、政府や民間組織は基礎となる生物製剤安全性の実践を改善することが期待されています。さらに、重要な安全基準を実施する規制当局の存在は、試験ツールの採用を後押しすると予想されます。しかし、新薬の時間のかかる承認プロセスは、市場の成長が抑制される可能性があります。

市場セグメント

生物製剤安全性試験市場は、製品別(機器、サービス、キットと試薬)、試験別(エンドトキシン、滅菌試験、細胞株認証、バイオバーデンなど)、アプリケーション別(ワクチン開発、血液製剤、幹細胞研究)および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

キットと試薬セグメントは、予測期間中に最大なCAGRを登録すると予想されます。

製品に基づいて、生物製剤安全性試験市場は、キットと試薬、サービス、および機器に分割されます。キットと試薬セグメントは、予測期間中に最大な成長率を登録すると予想されます。この成長は、テストの実行に必要なキットと試薬の繰り返し購入に起因する可能性があります。

エンドトキシンテストセグメントは、市場で最大のシェアを占めています。

試験に基づいて、生物製剤安全性試験市場は、エンドトキシン試験、無菌試験、細胞株認証および特性試験、残留宿主汚染検出試験、外来物質検出試験、バイオバーデン試験、およびその他の試験に分類されます。エンドトキシン試験セグメントは、予測期間中に最高の成長率を登録すると予想されます。この成長は、薬剤の発売数の増加に起因する可能性があります。

地域概要

生物製剤安全性試験市場は地域に基づいてさらに細分化されており、各国の市場成長が評価されます。これらには、北米(米国、カナダ、およびその他の北米)、ヨーロッパ(ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、英国、およびその他のヨーロッパ)、アジア太平洋(中国、日本、インド、オーストラリア、シンガポール、およびその他のアジア太平洋)およびその他の地域が含まれます。

北米地域は、予測期間中に市場の最大のシェアを占めると推定されます。この地域の市場の成長は、地域の主要な主要プレーヤーの存在、ライフサイエンス業界の研究開発の強い傾向、および医薬品承認の増加に起因する可能性があります。さらに、バイオテクノロジーへの多額の投資、癌研究への採用の増加、新しい生物製剤、ワクチン、医薬品の開発も、この地域の市場の成長に貢献しています。また、この地域での慢性疾患の負担の増加は、研究者や医療専門家による高度な技術の使用を増やすことが予想されます。

市場の主要なキープレーヤー

生物製剤安全性試験市場の主要なキープレーヤーには、Lonza Group LTD.(スイス)、Charles River Laboratories(米国)、Merck KGaA(ドイツ)、SGS SA(スイス)、WuXiApptec(中国)、Thermo Fisher Scientific Inc.(米国)、Sartorius AG(ドイツ)、Cytovance Biologics、Inc.(米国)、Pace Analytical Services Inc.(米国)、Toxikon Corporation(米国)などがあります。この調査には、生物製剤安全性試験市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-108507

SDKIInc.会社概要
SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。

カテゴリートップへ

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ