このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

Windows Info 第281回

Windows 11は古いPCやWindowsと一旦線引きするのが1つの役目か

2021年06月27日 10時00分更新

文● 塩田紳二 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

UWPアプリとデスクトップアプリを統合する
Project Reunionはどうなるのか?

 一般にOSのメジャーなバージョンアップは、APIの変更を意味し、SDKについても大きく変わるのが普通である。Windows 11では、Windows 8から続く、WinRTベースのアプリ環境(モダン環境、ストアアプリ、UWPアプリ)の重視をやめ、デスクトップアプリへの復帰を想定しているのだと思われる。そしてProject Reunionはそのための布石だったのだろう。Windows 11の特徴の1つに、刷新されるMicrosoftストアがある。ここでは、従来のUWPやパッケージ化されたデスクトップアプリ以外に、さまざまな形式のアプリが販売可能になるという。

 そもそも、モダンアプリ(ストアアプリ)は、Windows 8で不正コピーや不正改良されないようにソフトウェアをWindowsストアで販売するために作られた。アプリケーションの作り方やパッケージ形式を根本から変えることで、高いセキュリティを保とうとしたわけだ。

 ただしそれは、アプリケーション自体に対する制限でもあり、ストアアプリにすることができないWin32アプリケーションが多数ある中では難しい話だった。

 Windows 10では、このストアアプリを元に、AndroidやiOSなどのさまざまなプラットフォームのアプリケーションに作り分けが可能になるUWPを用意したため、制限はより厳しくなった。Microsoftとしては、他のプラットフォームへの移植のしやすさからUWPが選択されると考えていたが、現実はそうそう甘くなく、スマートフォンの開発者からも、Win32アプリの開発者からも歓迎されなかった。

 そこで、MicrosoftはUWP重視をやめ、Win32アプリにもUWPで開発したさまざまな機能を持ち込むことにした。これがProject Reunionである。考えてみれば、Project Reunionは、Windows 11のAPIセットのプレビューだったわけだ。

 Windows 11は、Windows 8からの「負の遺産」を精算するためのものといえる。Windows 11のタイミングでスタートメニューが変わるのは、Windows 8で導入されたタイルやライブタイル機能を捨てるのが1つの目的だ。さて来週には、プレビュー版が配布されるので、いろいろと確認してみたい。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン