このページの本文へ

ファーウェイ、中国にてHarmonyOS 2 搭載の新製品群を発表 100機種近くの端末がHarmonyOS 2に対応

華為技術日本株式会社
2021年06月03日

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

華為技術日本株式会社
本リリースは2021年6月2日(現地時間)に中国で発表されたリリースの抄訳です。



[2021年6月2日、中国深セン] ファーウェイは本日、新オペレーティングシステムであるHarmonyOS 2 を搭載したスマートフォン、スマートウォッチ、タブレットを発表しました。新バージョンのHUAWEI Mate 40 シリーズ、HUAWEI Mate X2、HUAWEI WATCH 3シリーズ、そしてHUAWEI MatePad Proなどが揃っています。


本日のイベントでファーウェイはまた、次世代セミオープン・アクティブ・ノイズ・キャンセリング(ANC)機能付きワイヤレス・ブルートゥース・イヤホンであるHUAWEI FreeBuds 4、およびHUAWEI MateViewとHUAWEI MateView GTの2つのハイエンドモニターを発表しました。同時にファーウェイは、スマートフォンとタブレットを含むおよそ100機種に上るファーウェイ端末がHarmonyOS 2 にアップグレードされ稼働することを発表しています。ユーザーは様々なシナリオで多彩な端末を通じて、シームレスで真にインテリジェントな使用感を体験することができます。

いま私たちの生活にはこれまでになく多くのスマートデバイスが登場しているものの、実際利用の際はスマートであるとは言えないことが多くあります。それぞれ孤立したシステムは相互接続と操作を複雑なものにし、ユーザーエクスペリエンスはまったく分断されたものになってしまっています。

この問題の解決策として設計されたのが、HarmonyOSです。スマートデバイスの次世代オペレーティングシステムとして、HarmonyOSは各種端末をつなぎ合わせ協働できるようにするための共通言語を提供し、より利便性が高く、スムーズかつ安全性の高い使用体験をユーザーにもたらします。分散型テクノロジーを採用することで、異なる端末の多様なニーズに単一のシステムで対応し、必要に応じて柔軟にデプロイすることができます。HarmonyOSは、これまで個々に独立していた端末を統合的なスーパーデバイスとして組み合わせ、全てのハードウェアとリソースを統合することができます。そしてそのデバイスの能力をユーザーのリアルタイムなニーズに基づいて自由に引き出すことが可能です。開発者にとって、HarmonyOSはアプリのクロスプラットフォーム・クロスデバイスでのデプロイを可能にするものであり、端末をまたいだアプリのデプロイをこれまでになく簡単なものにします。

これまで存在しなかったインタラクティブな使用体験:より簡単に使えさらにスマートに

HarmonyOSにより実現されるマルチデバイス・インタラクションでは、まるでひとつの端末で作業しているかのように複数の端末をコントロールできます。この新登場のマルチデバイス・コントロールパネルは「ドラッグ・アンド・インテグレート機能」によりシンプルかつ直感的なコネクションを実現し、具体的なシナリオにおけるユーザーのニーズに基づき自由に端末をつなげることができます。

例えば、夜遅くに自宅で映画を観たくなったら、コントロールパネルを開きスマートスクリーンのアイコンをスマートフォンのアイコンにドラッグするだけで、映画がスマートフォンからテレビに直接転送されます。HUAWEI FreeBuds シリーズ を着用していれば、イヤホンアイコンをスマートフォンアイコンにドラッグするだけで、映画はスマートスクリーンの画面に映し出されていながら音声はFreeBudsから聞こえるようになります。こうした例は、スーパーデバイスの使用体験のひとつに過ぎません。

HarmonyOS 2 の新タスクセンターは、インストールすることなくアプリを異なる端末間で思いのままに移動できるようにし、全ての機能とサービスをいつでもどこでも必要な時に呼び出すことを可能にします。スーパーデバイスシステムの一部となったあらゆる端末において、他の全ての端末で稼働しているタスクを見ることが出来るのです 。スマートフォンでゲームをしていて大きめのディスプレイに切り替えたくなったなら、スワイプアップして指を少し止めておくだけでオーバービュースクリーンが現れ、ゲームをHUAWEI MatePad Proに転送してプレイを続けることができます。

新HarmonyOSホームスクリーンは、これまでになくなめらかで整理されたものとなっています。アプリをスワイプアップして「サービスウィジェット」を呼び出せば、アプリ自体を呼び出すことなくリアルタイムで簡単に情報やサービスが得られます。サービスウィジェットのサイズはカスタマイズ可能で、アプリをタップしてスワイプアップするとウィジェットが表示され、ホーム画面の空いている位置をタップすると隠れます。またサービスウィジェットは、「アトミックサービス」でも使用でき、アトミックサービスはサービスセンター上で、ダウンロードやインストールすることなく簡単に呼び出してシェアできるため、ニュースまとめなどの機能をより簡単かつ便利に利用することができます。

ルック&フィールに関して言えば、革新的なインタラクションの完成度の高さは美的ディテールにあります。HarmonyOSのために特別にデザインされたSansフォント、および自然な重力感のあるアニメーションは、HarmonyOS端末間全てで一貫したユーザーエクスペリエンスを演出します。

HUAWEI HiLinkは、スマート機能を持つ非ファーウェイ端末により多く対応するため、HarmonyOS Connectにアップグレードされました。スマートホーム端末は、シングルタップでお使いのスマートフォンに接続されます。HarmonyOS Connect対応のMidea製オーブンをスマートフォンのタップで操作し、レシピを選ぶだけで食事の準備が直ぐにできます。食材の残りは、保存する食材の種類に基づき自動で温度調整するハイアール製冷蔵庫でより長期間保存できます。ヘルス管理アプリのデータに基づきレシピを提案するJoyoung製の豆乳メーカーで、ユーザーの健康にピッタリの豆乳飲料を作ることもできます 。連携して機能することで、こうしたコネクションはキッチンをパーソナル・ヘルスコーチに仕上げます。

総合的なパフォーマンスの向上により、さらに強化されたプライバシーとセキュリティ

HarmonyOS 2 は、前世代のEMUIに比べはるかにスムーズに稼働します。HarmonyOS 2 搭載のスマートフォンは、36ヶ月間使用した後に、端末上で利用可能なストレージがわずかであった場合でも、新しいスマートフォンと同じようなリード/ライト速度を維持することができます。

HarmonyOS 2 は起動しているアプリをバックグランドで稼働させることができ、タスクは中断した時点からいつでも再開できます。無数のアプリを起動させていたとしても、あらゆるアプリの最後に使った操作やページから再開できます。例えば、ショッピングアプリで品物を探していて、別のアプリに切り替えて友達にメッセージを送り、次にブラウザを開いてなにか他の検索をしても、ショッピングアプリで最後に見ていたページにストレスなく戻ることができます。さらに、HarmonyOS 2 ベースの端末では電池寿命が長くなります。HarmonyOS 2 にアップグレードした後、HUAWEI Mate 40 Proは「Game for Peace」を5.1時間通して使用できます。

ファーウェイは、ユーザーのプライバシーとセキュリティの保護に確固たる意志をもって取り組んでいます。HarmonyOSはEMUIに搭載されている最先端プライバシーおよびセキュリティテクノロジーを継承し、さらに強化しています。私たちの基本的な設計方針は、必要な人のみが必要な端末で必要なデータにアクセスできることであり、各端末へ毎回アクセスする際のセキュリティだけでなく、あらゆるシナリオを横断してデータの保存、送信、使用する際のセキュリティを確保します。「マルチデバイス協同ID認証」が有効化されると、ユーザーはスマートフォンでの顔認証と、使用しているウォッチがそのスマートフォンに接続されているものであるかを確認するスペシャルチェックを組み合わせることで初めて、スマートフォンをロック解除することが可能になります。

さらに、HarmonyOSはユーザーのデータをカテゴリ別に管理し、端末をレベル別に保護しており、「スーパーデバイス」には特定のセキュリティ閾値を設定しています。厳格なセキュリティ要件を満たした端末のみがそのセキュリティレベルに対するデータにアクセスできるため、ユーザーはマルチデバイスコラボレーション機能を安心して使用できます。HarmonyOSアプリは、クリーンなエコシステムの中で安全性の高い体験を提供するために、開発・リリース・インストール・使用の各段階で厳格なテストを行っています。


「私たちは最近、ますます多くのスマートデバイスに囲まれており、あらゆるものがつながっている世界にいます。」とファーウェイコンシューマービジネスグループのエグゼクティブ・ディレクター兼CEOである余承東(Richard Yu、リチャード・ユー)は述べています。「そして全てのデバイスと同じように、私たち一人一人もこの完全につながった世界の一部なのです。私たちは、より多くのパートナーや開発者と協力して、繁栄に満ちたHarmonyOSエコシステムを構築し、さらに優れた使用体験・製品・サービスを世界中のお客様に提供出来ることを楽しみにしています。」

さらに多くのユーザーに、全てのシナリオにおけるHarmonyOSの利便性、シームレスさ、セキュリティを体験してもらうため、100近くのモデルが今後中国でHarmonyOS 2 へのアップグレードを予定しています。対象は、HUAWEI Mate 40 シリーズ、Mate 30 シリーズ、P40 シリーズ、Mate X2、nova 8 シリーズ、そしてMatePad Proシリーズなどとなっています。

カテゴリートップへ

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ