このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

あのクルマに乗りたい! 話題のクルマ試乗レポ 第97回

今流行の軽キャンパーを体験したいなら Honda「N-VAN」で車中泊は大いにアリ!

2021年04月04日 12時00分更新

文● 栗原祥光(@yosh_kurihara) 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 冬もそろそろ終わり、これから暖かくなる季節なので、どこか遠くへ行きたいところ。どうせならホテルの食事時間やチェックインといった時間に縛られず、宿泊代を浮かして自由に楽しみたいですよね。そこで注目なのが車中泊。なかでも手軽な大きさと価格から、近年は軽自動車を用いた「軽キャンパー」が人気を集めています。

 筆者もレース取材などで遠方にクルマで行くことも多く、少しでも経費を削減するために今年は車中泊で回ろうかと考えています。サーキットとホテル間の移動時間も減らせますし、その時間を原稿書きや写真整理に使えますから。

N-VAN純正アクセサリーカタログ

 さて、Hondaの「N-VAN」は、純正アクセサリーメーカーであるホンダアクセスから発売されているアイテム数の多さもあり、お手軽に車中泊ができるのが魅力です。N-VANのアクセサリーカタログを見ると、車中泊アイテムの多さに驚かされます。そこで今回はN-VANでどんな車中泊が実現できるのかご紹介しましょう。

まずはお一人様仕様から
これなら車内を広く使えて快適

車内をフルフラットにした状態で、エアーマットレスを敷く。写真のマットレスは、ホワイトハウス製マットレス「N-VAN用クイックエアマット(シングル)4万9500円」で、ポンプと収納袋が付属する

マットレスは付属する足踏みポンプで膨らませる

マットレスを敷き終えた状態。幅55㎝ほど、長さは190㎝ほどある

 まずは「おひとりさま」仕様から。やり方はカンタンで、助手席と後席のシートを座面ごと足元へ収納します。N-VANの魅力は、このシートを収納するとフルフラットのスペースが現れること。これがほかの軽自動車にはない魅力で、車中泊した際に、シートの上で寝るのとは異なる快適性が得られるというわけです。段差はあまりないので、このまま寝ることもできますが、朝起きたら背中が痛くなるのは確実です。ですので市販のマットレスを敷くのがよいでしょう。写真では、ビーチなどで使うエアークッションタイプのマットレスを使用しました。あとは寝袋にくるまるだけ。ですので10分もあれば、快適な車中泊が楽しめます。

マットレスの上で寝る筆者

身長185㎝ほどの大男でも余裕で寝ることができます!

 リアのバックドアからダッシュボードまでの長さは約233㎝、幅も約55㎝ありますので、1人が横になるには十分すぎる広さといえるでしょう。さらにうれしいことに、段差がありませんから、そのまま寝てもカラダが痛くなりません。

マルチボードのラゲッジ用(7万950円)とリア用(助手席側)(3万1900円)の2種類を車内に設置した様子

マルチボードの高さは約25㎝ほどあり、下部は収納として活用できる

マルチボードと車両は安全のため固定すること(写真はボルトを抜いた状態)

マルチボードの上にホワイトハウス製エアマット「N-VAN用クイックエアマット(ダブル)」7万4800円を敷いた様子

車内がダブルベッドに!

シングルベッド時よりも広く快適な眠りが待っている!

写真では運転席側を頭にしているが、段差の都合、頭をバックドア側に向けた方が安定するようだ

 「おひとりさま」ではなく、2人の場合はどうするか? 今度はクルマに純正アクセサリーを装着します。用意するのは「マルチボード」のラゲッジ用(7万950円)とリア用(助手席側)(3万1900円)の2種類。これをあらかじめ付属のボルトを使って車両に取り付けます(写真はボルト留めはしていません)。この状態で運転席を倒して、助手席を畳めば、あっという間に広い車内環境が完成します。あとは市販のマットレスを敷くだけで完成。

 ここでもエアークッションタイプのマットレスを敷いてみました。幅は110cm程度ありますので、オトナ2人で寝ることも可能ですし、独りでもシングルベッドよりも広いのが魅力的。運転席側の方へ寝転ぶと、ちょっと姿勢が大変ですが、頭をバックドア側にすれば快適に過ごすことができます。マルチボードを取り付ける都合、20㎝ほど床が底上げされますが、もともとN-VANは背が高いですので圧迫感はありませんでした。

社外品になるが、マルチボード用の引き出しを取り付けたところ

引き出しに付属する天板と脚部を使ってテーブルを組み立てた様子

 このマルチボードのよいところは、床下に収納スペースが生まれるところ。たとえばキャンピングカー用品で知られる「ホワイトハウス」から販売されているN-VAN用スライド式収納BOX&アウトドアテーブルセット(9万2400円)を使えば、引き出しができますし、さらに引き出しの蓋を使ってテーブルを作ることもできるのだとか。これはちょっと便利なアイテムです。

プライバシーシェードで車内を覆った様子

 車中泊で気になるのはプライバシー。こちらも純正アクセサリーの「プライバシーシェード」(3万1900円)を使えば、すべて解決できます。取り付けは吸盤とマグネットを使った簡単施工。ジャストサイズなのはもちろんですが、こんなにカンタンに取り付けできて大丈夫か? と思えるほど。

ウインドウメッシュを取り付けた様子。マグネットとスナップボタンで取り付ける

これで休息時に虫の侵入を防ぐことができる

テールゲートメッシュを取り付けた様子

テールゲートメッシュもマグネットなどで取り付ける

 さらに驚きは、夏に便利な網戸も用意されていること。ウインドウメッシュ(フロント用左右セット/1万3200円)と、テールゲートメッシュ(2万2200円)を使えば、暑い夏でも快適に過ごすことができそう。ちなみに、テールゲートメッシュはファスナーを開けてロールアップすることもできます。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ