このページの本文へ

あのクルマに乗りたい! 話題のクルマ試乗レポ 第77回

2020年のクルマでベストバイを挙げるとしたら日産「キックス」しかない!

2021年01月16日 12時00分更新

文● 栗原祥光(@yosh_kurihara) 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

【ベストバイの理由 その3】
クラストップの広い荷室

 一般的に荷室の広いクルマは好まれます。SUV人気を支えているのも、荷室の広さと車高の高さとバックドアの広さによる出し入れのしやすさではないでしょうか。

キックスの荷室スペース

 キックスのラゲッジスペースはクラストップの広さ! ラゲッジスペースの荷室長は後席を使用している場合でも900mmの荷室長を誇り、423リットルという大容量を確保。ちなみにライバル車種であるHondaのヴェゼルが荷室長800mm×容量393リットル、ヤリスクロスが荷室長820mm×容量390リットル。つまり他車種に比べて10cm奥行きが深いということがわかります。これにより、9インチのゴルフバッグが3個積載可能。ライバルと比べて1個多く載せることができました。

トノボードでプライバシーも確保

 さらにキックスには、耐荷重10kgのトノボードが用意されています。トノボードを装備する車種は近年減ってきていますが、このトノボードは、小物入れとして便利なほか、ラゲッジスペースに入っている荷物が外から見えない目隠しの役割もはたします。

後席を倒せばさらなる容量が確保できる!

 もちろん、後席を倒すことも可能。より積載容量がアップします。サーフボードなどを積む方にはピッタリの使い方ではないでしょうか。願わくばフルフラットになれば、車中泊といった用途も視野に入ったり、使い勝手がよりよくなるのですが、そこは高望みでしょうか。では、実際に長物として、実際に自転車を入れてみました。

キックスに自転車を積載した様子

 一般的に自転車を積載する際は前後輪を外して載せるところ、キックスでは前輪を付けたままでも積載できるではありませんか。これはただただスゴイの一言! これを見てベストバイに推さないわけがありません。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ