このページの本文へ

スペースデブリ問題に取り組むアストロスケール 民間世界初デブリ除去技術実証衛星の出荷を完了

2020年12月22日 11時00分更新

文● 株式会社アストロスケールホールディングス

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

株式会社アストロスケールホールディングス
持続可能な宇宙環境を目指しスペースデブリ(以下、宇宙ごみ、デブリ)除去サービスに取り組む、株式会社アストロスケールホールディングス(本社:東京都墨田区、創業者兼CEO:岡田 光信、以下「アストロスケール」)は、世界初、スペースデブリ除去技術実証衛星「ELSA-d (End-of-Life Services by Astroscale - Demonstration)」を2021年3月の打ち上げに向けカザフスタン、バイコヌール宇宙基地への出荷を完了したことをお知らせします。


アストロスケール チーフエンジニアのジーン・フジイは以下のように述べています。
「いかなる衛星の開発工程においても、衛星の出荷は大変重要なマイルストーンです。この出荷によって正式に技術実証は開発フェーズから、打ち上げ・運用フェーズへ移行することが出来ました。ELSA-dが無事に軌道に乗る日を心待ちにしています。」

ELSA-dのミッションは、スペースデブリの除去に必要なコアテクノロジーを実証する世界初の試みであり、”軌道上サービスを拡大し将来の世代のために安全で持続可能な宇宙環境を実現する ”というアストロスケールのビジョンを実現するための重要なステップとなります。

出荷完了に際して、アストロスケール 創業者兼CEOの岡田光信は、以下のように述べています。
「ここまでの道のりは長くも、非常にやり甲斐のある道のりでした。そして今 、ELSA-dは世界に先駆けた技術実証に向かおうとしています。ELSA-dの出荷に立ち合い、これが宇宙持続可能性の新しい時代を切り開く瞬間であると胸が高鳴りました。」

12月11日、弊社からの出荷の模様は下記のリンクよりビデオをご覧ください。
https://youtu.be/YQB036mKnTs
協賛:株式会社三井住友銀行
アストロスケール について
アストロスケールは、宇宙機の安全航行の確保を目指し、次世代へ持続可能な軌道を継承する為、スペースデブリ(宇宙ごみ)除去サービスの開発に取り組む世界初の民間企業です。 2013年の創業以来、軌道上で増加し続けるデブリの低減・除去策として、今後打ち上がる人工衛星が寿命を迎えたり恒久故障の際に除去を行うEOL※1サービスや、既存デブリを除去する為のADR ※2サービス、宇宙空間上での宇宙状況把握(SSA※3)、稼働衛星の寿命延長(LEX※4)など軌道上サービスの実現を目指し技術開発を進めてきました。また、長期に渡り安全で持続可能な宇宙環境を目指す為、技術開発に加え、ビジネスモデルの確立、複数の民間企業や団体、行政機関と協働し、宇宙政策やベストプラクティスの策定に努めています。
本社・R&D 拠点の日本をはじめ、シンガポール、英国、米国、イスラエルとグローバルに事業を展開しています。
アストロスケール本社ウェブサイトはこちら: http://astroscale.com

カテゴリートップへ

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ