このページの本文へ

株式会社ソフテックの株式の取得(子会社化)に関するお知らせ

2020年12月11日 16時00分更新

文● 株式会社サイバーセキュリティクラウド

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

株式会社サイバーセキュリティクラウド
株式会社サイバーセキュリティクラウド(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:大野 暉、以下「当社」)は、2020年12月11日開催の取締役会において、以下のとおり、株式会社ソフテック(以下、ソフテック)の全株式を取得し、子会社化することについて決議いたしましたので、お知らせいたします。


■株式の取得の理由
 当社は、「世界中の人々が安心安全に使えるサイバー空間を創造する」という経営理念を掲げ、クラウド型WAF「攻撃遮断くん」及びパブリッククラウドにおけるWAF自動運用サービス「WafCharm」を中心としたWebセキュリティ事業を展開しています。サイバーセキュリティに関する社会課題を解決し、社会へ付加価値を提供すべく事業に取り組んでおります。

 ソフテックでは、脆弱性情報提供サービス「SIDfm™」事業と、Webセキュリティ診断事業を展開しています。「SIDfm™」はサービスを開始して以来、20 年以上に渡り数多くのお客様の脆弱性管理基盤の情報ベースとして活用されており、ソフテックの脆弱性専門アナリストが、日々現れる脆弱性の内容を調査しコンテンツを作成し、様々な手段を用いてお客様に情報を送り届けております。お客様が判断に悩む脆弱性の影響調査においては、「SIDfm™」 コンテンツを見ることで的確な判断を行うことができます。また脆弱性情報は個々の IT 資産の脆弱性の状態を管理するためのマッチングにも利用されています。このように、ソフテックでは脆弱性に係るコンテンツの作成から脆弱性の管理ツールの提供までの包括的なソリューションを提供しています。

 当社がこれまで展開してきたWebセキュリティ事業では、脆弱性情報を活用しながらWebサイト・Webサーバーへのサイバー攻撃を可視化、遮断しています。当社のWebセキュリティ事業に、「SIDfm™」による脆弱性管理に強いソフテックが加わることにより、それぞれのノウハウ共有による両社の技術力強化はもちろん、当社のビッグデータ活用や販売チャネルの拡大も可能となります。両社のシナジーを活用したさらなるサービス体制の向上、より強固な会社基盤の構築を図っていくことで、中長期的な企業価値の向上に寄与するものと判断し、この度の株式取得を実施することといたしました。
対象領域イメージ図
SIDfm(TM) 概略図
【株式会社サイバーセキュリティクラウドについて】
会社名:株式会社サイバーセキュリティクラウド
所在地:〒150-0011 東京都渋谷区東3-9-19 VORT恵比寿maxim3階
代表者:代表取締役社長 大野 暉
設立 :2010年8月
URL :https://www.cscloud.co.jp/
「世界中の人々が安心安全に使えるサイバー空間を創造する」という理念を掲げ、サイバーセキュリティクラウドでは、世界有数のサイバー脅威インテリジェンスとAI技術を活用した、Webアプリケーションのセキュリティサービスを全世界に向けてサブスクリプションで提供しています。また、クラウド市場世界シェア約47.8%※1を持つAWSにおいて、世界で7社目となるAWS WAFマネージドルールセラーにも認定されております。
これからも私たちは、リーディングカンパニーとして、世界中の人々が安心安全に利用できるサイバー空間を創造するためのサービス開発を行い、情報革命の推進に貢献してまいります。

※1 出典:Gartner(August 2020)・・・Worldwide Iaas Public Cloud Services Market Share, 2018-2019

カテゴリートップへ

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ