このページの本文へ

石川温のPCスマホニュース解説 第90回

モトローラ折りたたみスマホ「razr 5G」日本発売の可能性が高い

2020年09月10日 09時00分更新

文● 石川温 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

■モトローラ日本展開「3つの軸」

 まず、1つ目の軸は従来の路線を強化するということだ。モトローラの日本展開ではコストパフォーマンスの良い製品を揃えてきた。

 8月下旬には、従来よりもさらに手に取りやすい価格帯の「moto g8 power lite」「moto e6s」を発売したばかりだ。これらの製品はケータイからスマホに初めて乗り換えるユーザーを意識した価格帯だ。SNSやウェブ閲覧など基本的な使い勝手は申し分なく、カメラも2眼で写真を楽しめるようにもなっている。

 日本市場におけるモトローラ製品は、売り場では品質の良さに定評があるという。故障が少なく、販売スタッフが売りやすいというわけだ。

 ただ、品質に対しては評価が高いものの、製品がマジメすぎて、面白味が欠けるというのが弱点になりつつある。

 そこで松原社長は「ユーザーはValue for Price(コストパフォーマンス)を求めているが、それだけではなく、ワクワク感も欲している。海外市場では攻めた、とがった製品を出している。5Gではちょっと面白いと思える個性的な商品を出していきたい」と語る。個性的な商品展開が2つ目の軸となるようだが、まさに冒頭のrazr 5Gはワクワク感のあるとがった製品と言えるだろう。

 では、razr 5Gの日本上陸はありうるのか。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン