このページの本文へ

最新IoT&ガジェットニュース 第108回

モバイルPASMOが年内にiOSに対応予定! iPhoneユーザー歓喜!

2020年08月06日 21時50分更新

文● 金子麟太郎 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Android版しかなかったモバイルPASMOに
iOS版が年内登場予定

 PASMO協議会は今日6日、モバイルアプリとして提供している「PASMO」について、年内にiPhoneやApple Watchでも使えるようにすると発表した。

PASMO協議会のプレスリリース

 モバイル向けのPASMOは、端末側に非接触型IC技術のFeliCaが搭載されていることが対応条件。Androidでは特に国内キャリアが販売する多くの製品にFeliCaが搭載されており、アップルの「iPhone 7」や「Apple Watch Series 2」以降の機種にも搭載されている。

 PASMOがiPhoneやApple Watchに対応することで、ついにSuica以外のサービスが使えるようになる。また、交通系ICカードのPASMOと同様に、電車やバスに乗車できるだけでなく街中での買い物にも使える。

 サービスの内容や開始日については、詳細が決まり次第告知するという。

 実は「PASMOをiPhoneでも使えるようにしてほしい」という声はSNS上などでもあがっており、PASMO協議会は2020年春のAndroidアプリ提供開始時に「iOSに対応するかどうかは未定」としていた。

 もし仮に、iOS版のPASMOアプリもAndroid版と同様の仕様になるのであれば、鉄道やバスの定期券を窓口に行かなくても購入できるようになる。

モバイルPASMOのiOS版イメージ

 ただ、Android版の場合、利用するスマートフォンによっては「モバイルPASMO」と「モバイルSuica」のどちらか一方、もしくは両方を設定できる機種が存在する。このあたりの仕様についてもiOS版でどのようになるのかは、今日(8月6日)の時点で未定となっている。

■関連サイト

筆者紹介:金子 麟太郎

 14歳の頃から、パソコンやタブレットで作曲する。CD制作にも取り組むうちに、機械にも興味を持ち、2016年(20歳)からITに関連する企業を取材し、記事を執筆する活動を始める。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン