このページの本文へ

寅年生まれ肉食ナベコの「なんでも食べてみる」 第608回

「カルビ焼肉丼」「生姜焼丼」などもあります

松屋のテイクアウト限定「牛焼肉丼」を食べてみた、ワンコインでお手軽

2020年05月19日 18時11分更新

文● ナベコ 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

テイクアウト限定の「牛焼肉丼弁当」

 こんにちは、アスキーのご飯情報担当、ナベコです。

 おなかが減っては仕事ができぬ、ということで、手軽に買えてお得感ある食情報を紹介しています。

 私ごとですが、最近は本当に、食事だけが楽しみになってきました。朝ご飯を食べ終わった瞬間、すぐ夜ご飯何にしようかなと頭をひねったりしています。反対に言えば、食事への楽しみがメリハリになっているということ。“食べたい”という気持ちって強いですよね。

 気軽に利用できる街の牛めし、定食チェーン「松屋」。黄色い看板に惹かれてたまに寄っています。

 松屋はテイクアウト限定で、定番定食を「丼」にした特別商品を5月19日から販売開始しました。

5月19日からスタート。定食より110円値引きした価格設定。

 人気の「牛焼肉定食」や「豚肩ロースの豚焼肉定食」「ブラウンソースハンバーグ定食」といった定食メニューを丼にアレンジ。定食からそれぞれ110円値引きした価格設定です。

<松屋のテイクアウト限定丼メニュー 5月19日~>
・「牛焼肉丼弁当」490円
・「豚肩ロースの豚焼肉丼弁当」490円
・「ブラウンソースハンバーグ丼弁当」490円
・「カルビ焼肉丼弁当」550円
・「豚肩ロースの生姜焼丼弁当」550円

※価格は税込表記。

 なるほど、定食だったら「牛焼肉定食」で600円、「カルビ焼肉定食」で660円程のところ、500円前後の手頃な価格で買えるというわけですね。

 通常は定食につく「生野菜」(110円)が付きません。ということは、110円の価格差は妥当です。

生野菜がないので、このようにコンパクトに買って帰ってこれます。

 つまり、テイクアウト限定の丼メニュー、割安かそうじゃないかというと、別段、割安ということではありせん。生野菜ぶんが引かれただけといえば、そのとおり。

 それでも、価格も内容もコンパクトにして、定食メニューを買えるのはお手軽。「牛焼肉丼」「豚肩ロースの豚焼肉丼」「ブラウンソースハンバーグ丼」弁当なら490円とワンコイン価格ですよ。

テイクアウト限定「牛焼肉丼弁当」490円

 定食メニューとしても好きな「牛焼肉」の丼バージョン、「牛焼肉丼弁当」を買ってきました。

松屋の定食の定番中の定番「牛焼肉定食」の丼版。

 “牛焼肉丼”という名前ですが、ご飯の上に直接焼肉がのっているわけではなく、具とご飯がセパレートで重なっています。

おろし、ネギがものっています。

 出してみるとこの通り。ご飯と焼肉が別容器です。

容器はセパレートタイプ。

 牛焼肉と、トッピングの大根おろし、ネギがのっています。

 セパレートになっているわけだから、1枚ずつ焼肉をタレにつけて食べていく方法もあるでしょう。そうすれば、お店で食べる定食のよう(生野菜はないですが)。

 ただ私は、“牛焼肉丼”という名前をきいた瞬間から、ご飯の上に焼肉を乗せたかったのです。

 ですので、はい。

ドン! 乗せちゃいました。

 焼肉丼です。大根おろし、ネギを真ん中にのせました。見栄えもいいですね。

 みなさん、松屋の牛焼肉定食、ソースは何で食べますか?

 バーベキューだれ? カルビソース?

 私は断然、ポン酢です!

松屋のポン酢、酸味強くて好きです。

 松屋の牛焼肉定食って大根おろしがのっているじゃないですか。だから、ポン酢のサッパリした味がとてもよく合うんですよ。

 丼の上にじゃばじゃばポン酢をかけました。松屋の牛焼肉定食、何度も食べてきたけど、こうやって食べるのは初めて。

唐辛子ももらってきました。

 唐辛子もかけました。うん、いい。そそる。

 いただきます!

 コショウを振ったシンプルな牛焼肉。

シンプルな牛焼肉。

 手頃な価格のチェーン店のメニューなので、厚切りのお肉とかではなく、まあ薄いです。可もなく不可もなく。でも“コレでいいんだ”と訴えてきます。そうです、ペラペラした牛肉がシンプルながらにおいしい。

ポン酢をかけたのでサッパリ。

 おろしポン酢のツンとした酸味が牛肉によく絡みます。松屋のポン酢って、よくあるポン酢より酸味が強いんです。お肉につけてもポン酢の酸味が主張します。酸っぱいのが苦手な人はちょっとイヤかもしれませんが、私はとても好き。

 上からたっぷりポン酢をかけたので、ご飯もポン酢を吸って酸味があるご飯に。斬新ですが、サッパリして悪くないです。

紅ショウガをのせると食感のアクセントになります。

 紅ショウガももらってきました。紅ショウガのカリカリした食感が良いアクセントになりますね。

 牛肉、ご飯、ポン酢の松屋らしいコンビネーション(私の中で)で清々しく食べきりました。ごちそうさまです! おなか一杯なのに、口の中は酸味でサッパリしているから「もう少し食べたいな~」という余韻が残りましたよ。それくらいおいしくいただけて、満足でした。

3つトリオで買うとお得

 490円という価格で食べられるシンプルな焼肉丼。冒頭で特にお買い得というわけではないと書きましたが、サラダ抜きの分値段もお手頃なので、日常的に買いやすくなりました。他にも、カルビ焼肉丼弁当や、ハンバーグ丼弁当、生姜焼丼弁当などがありますよ!

 ちなみに丼メニュー、3つのセット売りもしています。

・「ファミリー丼トリオ」1590円→1290円
 カルビ焼肉丼弁当+ブラウンソースハンバーグ丼弁当+豚肩ロースの生姜焼丼弁当

・「ビーフ丼トリオ」1540円→ 1340円
 牛焼肉丼弁当+カルビ焼肉丼弁当+キムカル丼弁当

・「ポーク丼トリオ」1540円→ 1340円
 豚肩ロースの生姜焼丼弁当+ネギ塩豚肩ロース丼弁当+豚肩ロースの豚焼肉丼弁当

 「キムカル丼」「ネギ塩豚肩ロース丼」といった、もともとあった丼メニューと組み合わせたトリオもあって、別々に買うよりずっと割安です。3人で食事をとる時はお得! 家庭での食事に迷った時はチェックしてみてはどうでしょう。

■関連サイト

ナベコ

酒好きライター、編集者。カンパイからすべてが始まるはず。「TVチャンピオン極~KIWAMI~ せんべろ女王決定戦」に出演するなど酒活動しつつ食トレンドを追っています。♪アスキーグルメでおいしい情報配信中♪

カテゴリートップへ

この連載の記事
もぐもぐ動画配信中!
アスキーグルメ 最新連載・特集一覧