このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

【FANZA GAMESプレイ日記】 第41回

独自のキャラ育成システム“エクスブレイン”を紹介

「凍京NECRO SUICIDE MISSION R」は育成システムも奥深い

2020年03月30日 20時00分更新

文● 佐藤ポン 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ニトロプラスとDMM GAMESが開発・運営中のシミュレーションRPG「凍京NECRO SUICIDE MISSION R」(以下、凍京NECRO SM)。連載2回となる本稿では、キャラクターを強化する方法を紹介する。

 一般的なRPGでは、戦闘に出撃させれば経験値が溜まり、レベルが上がっていくだろう。しかし「凍京NECRO R」はいくら戦闘を繰り返してもキャラクターのレベルは上がらない。上がっていくのは“親密度”のみで、レベルや攻撃力、HPなどのステータスはそのままになっている。

「凍京NECRO SM」ならではのキャラ育成方法“エクスブレイン”

 じゃあどうやってキャラクターを育てたらいいのっ!? と思うだろうが、本作では“エクスブレイン”と呼ばれる機能を使ってキャラクターを育成するのだ。前回の記事でも少しだけ触れたが、説明すると長くなるのでサラッと流した。今回はもうちょっと詳しく紹介しよう。

エクスブレインはメイン画面から「メンバー・装備」を開き、「エクスブレイン強化」を選択するとアクセスできる

 キャラクターのエクスブレインを開くと、小さなスロットがたくさん並んでいる。それぞれのスロットには「ATK」や「DEX」、「SPD」などの文字が書かれており、スロットを開放するたびに対応したステータスが上昇していく仕組みだ。

 なお、スロットは中央から線でつながれている箇所のみ開放できる。そのため、いきなり円の外周を強化しようとしても不可能。中央のスタート地点から、開放していかなければならない。

誰もが持っている初期キャラクター「絢崎紡」のエクスブレイン

エクスブレインの文字が小さくて読めない場合は、マウスホイールを回転させて拡大・縮小させよう

スロットの開放に必要なアイテム“強化チップ”を集めよう

 エクスブレインのスロットを開放するには、特殊なアイテムの“強化チップ”が複数必要になる。強化チップは全15種類。パープルやレッド、ブルーなど色が5色あり、各色ごとに“C1”と“C2”、“C3”の3種類が用意されている。

 強化チップの主な入手方法は“限定任務”だ。限定任務は初級、中級、上級の3つの難易度があり、高難易度になるほど多くの強化チップがもらえる傾向にある。ここで覚えておきたいのが、中級以上の難易度はプレイできる曜日が決まっているところ。月曜日はパープル、火曜日はレッドなど、特定の曜日しかプレイできない。なお、土曜日と日曜日はすべての任務が開放されるため、休日にガッツリ遊んで収集するのも得策だ。

曜日ごとにプレイできる限定任務が決まっている

難易度によって、得られる強化チップの数と種類が異なる

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事