このページの本文へ

【DMM GAMESプレイ日記】 第27回

Hイベントありの美少女キャラは数百人! 時間が足りないターン制RPG「神姫PROJECT R」

2020年02月18日 20時15分更新

文● 佐藤ポン 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 神話をモチーフにしたかわいいキャラクターが何百人も登場するターン制RPG「神姫PROJECT R」。2016年からサービスされている人気ゲームだ。作品の概要を要約すると、「神姫と呼ばれる神や悪魔の女の子たちを仲間にし、大災害を阻止するために異世界を冒険する」といった内容だ。

 ゲームシステムは一般的なターン制RPGのため、とても遊びやすい。プレイヤーは、旅の道中で仲間になった女の子たちをパーティーに編成し、敵と戦いながら世界の破滅を阻止するべく物語を進めていく。

 本作の特徴は、神姫がとにかくかわいいところ。ビジュアルとボイスはもちろん、戦闘中に表示されるデフォルメキャラまでかわいい。しかも「神姫PROJECT R」はその名の通り“R指定”である。各キャラクターごとに用意されているエピソードでは、キャラに合わせたさまざまなえっちシーンが再生されるのは純粋に感動する。さっきまでクールに気取っていた神姫が、○○○をしたり×××をしてきたときは、椅子から転げ落ちそうになった。

 さらに、えっち方面で山場のシーンでは、アニメーションまでしてくれるサービスっぷり。いったいどれだけの労力を割いて開発したのか検討もつかない……などと開発元のテクロスに感謝しつつ、えちちなエピソードを思いっきり堪能できる作品だ。

パーティー編成の自由度とエロ度が高い!

 どうしてもえっちな内容が注目されがちな「神姫PROJECT R」だが、ゲーム本編もしっかり作られているのでご安心を! 内容を端的に紹介すれば「ターン制RPG」なのだが、パーティー編成の組み合わせは無限大。パーティー編成のヘルプを読むと、“英霊”と呼ばれる女の子を1人と、神姫を6人、そして装備品であるウェポンを10個、幻獣を6体編成する……などと書かれている。

 はっきり言って、初心者にはなにがなんだかわからないくらい複雑である。しかし、実際にプレイしてみるとワンクリックでおすすめのパーティーを編成してくれる「おまかせ編成」が用意されており、初心者でも問題なく遊べる。これは大変グッドな機能だと感じた。

 神姫やウェポンを任意に選ぶのは、ゲームを遊び続けてシステムを理解してから。それまでは「かわいいから」とか「エロそうだから」という理由だけでプレイするのもアリだと思う。

好きなキャラクターをどんどん強化して戦え!

 キャラクターの育成要素として、英霊や神姫、ウェポンを強化させられる。キャラクターを育てればステータスが上がるだけでなく、新たに強力なスキルを覚えてくれるようだ。自分のお気に入りのキャラクターたちで最強のパーティーを考えるのは、奥深くて楽しいシステム。

 いわゆる「テンプレート編成」のパーティーで遊ぶゲームとは違って、自分でシコシコと編成を考えられるのは、ゲーマー魂を揺さぶられる気がする。ツンデレキャラ縛りとか、妹キャラ縛りとか、プレイヤーごとの趣向に応じたキャラ編成で楽しめるのはありがたい。

 神姫と敵は、それぞれ火と水、風、雷、光、闇、幻の属性を持っているため、得意不得意が決まっている。しかし序盤の敵はそれほど強くないので、わりと自由に編成しても突破可能だった。ゲームに慣れるまでの期間は、自分好みのキャラだけで遊ぶのも楽しみ方のひとつだ。

 本稿を読んで遊んでみたいと思った方は、ぜひプレイしてみてほしい。現在開催中のイベントだけでなく、過去に開催された膨大な数のイベントもプレイ可能なので、遊び始めたら時間がいくらあっても足りないくらいハマれるはずだ。

(提供:DMM GAMES)

カテゴリートップへ

この連載の記事