このページの本文へ

柳谷智宣がAdobe Acrobat DCを使い倒してみた 第113回

Acrobat DCとオンラインストレージ「Dropbox」を連携させてリモートワークを効率化する

2020年03月11日 00時00分更新

文● 柳谷智宣 編集●MOVIEW 清水

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 本連載は、Adobe Acrobat DCを使いこなすための使い方やTIPSを紹介する。第113回は、Acrobat DCとオンラインストレージ「Dropbox」を連携させてリモートワークを効率化する方法を解説する。

業務で「Dropbox」を使っているなら、Acrobat DCと連携させれば効率アップ

 ビジネスで使うファイルを保管する場所として、オンラインストレージを活用している企業も多いだろう。たとえば、老舗オンラインストレージのひとつ「Dropbox」は、PDFだけでなくさまざまなファイルをまとめて管理でき、世代バックアップやチームメンバーのアクティビティを監視する機能などを備えているのが特徴。セキュアにファイルを共有できるため、最近ではリモートワークでも活用されている。今回は、Acrobat DCとオンラインストレージ「Dropbox」の連携について紹介しよう。

 まずは、Acrobat DCを起動し、「ホーム」の「ファイル」→「アカウントを追加」を開き、「Dropbox」の「追加」をクリックする。

Acrobat DCの「ホーム」から「Dropbox」を追加する

Dropboxアカウントでログインする

Dropbox内のファイルとフォルダへのアクセスを許可する

Acrobat DCの「ファイル」に、「Dropbox」が追加された

 「Dropbox」にファイルを保存すると、Acrobat DCに追加したアカウントからアクセスできるようになる。とはいえ、表示できるのはもちろんPDFファイルのみ。WordやExcel、PowerPoint、画像、テキストなどは、右ペインのメニューから「PDFを作成」をクリックすることでPDFファイルに変換できる。

 Acrobat DCの「ファイル」メニューから、フォルダーを探し回ってファイルを指定する手間がかからないのは手軽だ。また、「Dropbox Business」の場合、オンラインで運用することも多いが、そんな時もわざわざローカルにダウンロードして読み込むといった手間がかからないのも嬉しいところ。

 仕事で使うファイルをすべて「Dropbox」に集約しているなら、場所を問わずに作業できるようになる。外出先の隙間時間を効率的に活用できるようになるだけでなく、リモートワークでも活躍してくれるだろう。

Dropboxにファイルをコピーする

Acrobat DC上でもアクセスできるようになる

Office文書や画像、テキストをPDFに変換できる

「Dropbox」との連携は、スマホのAcrobat Readerアプリでも可能

 スマホのAcrobat Readerアプリでも「Dropbox」にアクセスできる。「ファイル」タブの「場所」を開き、「Dropbox」の「ログイン」をタップし、「Dropbox」アカウントでログインする。あとは普通にPDFを閲覧したり、編集したりできる。

 Office文書をPDFに変換することも可能。外出先で突然、なんらかの文書のPDFファイルが必要になっても、仕事で使っている「Dropbox」にアクセスできればファイルを探し回る必要はない。もし、Office文書のままでも、スマホアプリ上でPDF化したり、共有できるので、PCを開く必要がない。

 業務で「Dropbox」を利用しているなら、ぜひAcrobat DCと連携させ、シームレスにファイルを扱えるようにしよう。

Acrobat Readerアプリを起動し、「場所」→「Dropbox」の「ログイン」をタップする

Dropboxアカウントでログインする

Dropboxのフォルダーにアクセスできる

個人用はもちろん共有フォルダーにもアクセスできる

メニューの「PDFを作成」でOffice文書をPDF化できる

■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事

目からウロコのPDF使いこなし術【アクロバット連載100回記念放送】