このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ” 第649回

83倍ズームの「COOLPIX P950」で猫のドアップを撮るのが楽しい

2020年02月16日 12時00分更新

文● 荻窪圭/猫写真家 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

過酷な生存競争を生き抜く
突き抜けた望遠カメラ「COOLPIX P950」

 コンパクトデジカメの存在感がどんどん薄れている諸行無常に寂しさを感じざるを得ない昨今であるけれども、中には他社の追随を許さない突き抜けた性能で苛酷な生存競争を生き延びるカメラもあるのである。そのひとつがニコンの「COOLPIX P」シリーズ。望遠に突き抜けたカメラだ。「P950」はなんと83倍ズーム。望遠側は2000mm相当。どんな警戒心が強い猫でもOK。近づけない猫でもこの超望遠なら問題なし、というかなり変態度の高いカメラだ。

ふさふさ長毛種はドアップ写真にぴったり。というわけでドアップで。2020年2月 ニコン COOLPIX P950

ぎょわんと伸びる太いレンズが魅惑的なCOOLPIX P950。大きなボディーの半分以上はレンズと思えば納得。

 83倍ってどのくらいかというと、次の2枚の写真を見てもらうとわかる。広角端と望遠端である。

24mm相当の広角端。どこに猫がいるのかよくわからないレベル。2020年2月 ニコン COOLPIX P950

2000mm相当の望遠端。どこにいるかよくわからなかった猫の顔がドアップに。おそろしや超望遠。2020年2月 ニコン COOLPIX P950

 もう何がなんだかって感じしません? 超望遠ってここまでくるのかよ、みたいな。もちろんデジタルズームはなし。

 というわけで、せっかくの超望遠ズームなので、今回はここ数日で出会った猫たちの顔アップ特集である。どれを冒頭写真にするかなと悩んだ末、白くてふさふさの猫に。あまりにふさふさもふもふなので、画面いっぱい顔にするには最適だったのだ。次はまぶしくて目を細めてるヤツ。声をかけたらこっちを向いてくれたのだけど、まぶしかったらしい。無理に順光の顔を撮ろうとしてすまんかった。

まぶしそうに目を細めるとちょっと笑ってるように見えなくもないのがチャームポイント。2020年2月 ニコン COOLPIX P950

 ちょっと斜めから陰影のある顔を。この子、舌がちょっとはみ出ててかわいいのであった。

きりっという感じで陰影のあるアングルで。キリッとしつつも舌がはみ出てるのがチャームポイント。近寄れない猫も問題なし。むしろ人間を意識してない自然な姿を撮れる。2020年2月 ニコン COOLPIX P950

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン