このページの本文へ

2022年 デンマークに、世界最大の協働ロボットハブがオープン

2020年02月07日 11時38分更新

文● Universal Robots A/S

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Universal Robots A/S
~モバイル インダストリアル ロボット社とユニバーサルロボットが3600万ドルを投じて合同拠点を設立~ デンマークのサイモン・コレラップ産業ビジネス金融担当大臣は、2020年2月4日(デンマーク時間)、デンマークのロボット産業を牽引するモバイル インダストリアル ロボット社(以下、MiR社)とユニバーサルロボット(以下、UR)にとって新たな本拠地となる施設の建設を発表しました。両社は、デンマークのロボット関連企業や大学の集積地となっているオーデンセ市に、32,000 m2におよぶ「コボットハブ」を設立し、共有します。完成は2022年初頭の予定です。


米国テラダイン社(Teradyne Inc.)の子会社であるMiR社とURは、デンマーク オーデンセ市の50,000 m2の用地を取得しました。両社は、3,600万ドルを投資し、世界の「コボットキャピタル」と呼ばれるオーデンセにコボットハブを建設します。協働ロボット(Collaborative Robot、コボット)は、現在、インダストリアルオートメーションの中で最も急成長している分野です。協働ロボットはセットアップが迅速にでき、従来に比べてプログラミングが簡単なロボットで、安全柵を置かずに作業員と緊密に協働作業が出来るため、作業環境を改善するとともに生産性を向上させることができます。コボットハブの完成は、2022年初頭の予定です。

この新たなコボットハブは、MiR社とURそれぞれが確立した業界におけるリーダーシップをさらに強化するというテラダイン社のミッションを加速させるものです。

テラダイン社の社長兼CEOのMark Jagiela(マーク・ジャギーラ)は次のように述べています。
「MiR社とURは、『あらゆる規模の企業で自動化を実現する』という協働ロボットの革命において世界をリードしています。テラダインは、新製品やソリューション、販売チャネルの開発に積極的に投資を続けており、この新たな合同拠点は当社の成長戦略において重要な役割を担うものです。デンマークの革新的な工業デザインと実用的なビジネスセンスのコンビネーションは、新興市場であるコボット産業において完璧な組み合わせとなりました。ロボットをユーザーフレンドリーな形で人間と協働させることを世界で初めて実現したこの地で、我々の開発・生産能力をさらに拡大できることを、非常に嬉しく思っています」

テラダイン社がデンマークでロボット開発に向けて投資したのは今回が初めてではありません。現在、同社はデンマークの新興ロボット企業2社に5億米ドル以上を投資しており、どちらも急速に成長しています。

さらなる雇用拡大を期待
建設用地は、新しいコボットハブの一部にもなるURの現在の本社に近いオーデンセの工業地区にあります。MiR社とURは独立した企業としてそれぞれの事業を継続しつつ、今後さらなる躍進の一翼を担う優秀な人材の確保を目指し魅力的な環境づくりに取り組みます。

MiR社 CEOのThomas Visti(トーマス・ヴィスティ)は次のように述べています。
「デンマークは協働ロボットの世界市場を大きくリードしています。オーデンセで世界最大のコボットハブを構築するために積極的に投資することは、当然のことと言えます。我々は、優れた設備を備えたプロフェッショナルな環境を提供することで、世界中から人材を惹きつけことができると考えています」

MiR社は過去1年間に100人、URは過去2年間で280の新入社員を採用しました。現在、両社の従業員数はデンマークにそれぞれ160人、450人です。URは世界中で約700人の従業員を雇用し、MiR社のスタッフは世界中で約220人を数えます。

デンマークのユニークな人材基盤
URの社長であるJürgen von Hollen(ユルゲン・フォン・ホーレン)は、コボット市場の大きな可能性について次のように述べています。
「ABIリサーチによると、協働ロボット市場は2030年に約120億ドル規模に成長すると予想されています。需要の拡大は、URとMiR社の双方がオーデンセの現在のオフィスから規模を拡大し、新たな開発・生産拠点を建設することからも明らかです。オーデンセには強力な人材のエコシステムがあります。過去10年間に私たちが築いてきたユニークなロボットを取り巻く環境に、長期的に投資する機会を得ることができて嬉しく思います」

躍進するデンマークのロボット関連企業・大学の集積地 オーデンセ
デンマークのロボット産業は現在活況を呈しています。業界団体オーデンセ・ロボティクスの2019年の年次調査によると、デンマークのロボット企業で働く人は8,500人で、そのうち3,900人はデンマーク第3の都市オーデンセとその周辺で働いています。デンマークの分析企業であるDamvad社によると、業界が成長予測に沿って拡大すれば、デンマークのロボット業界は2025年に25,000人の従業員を雇用することとなると予測しています。

そして、成長しているのは従業員の数だけではありません。デンマークのロボット企業の総収益は2018年に18%増加し、輸出が26%増加して9億9,500万ドルに達しました。わずか15年前デンマークにはロボット産業がなかったことを鑑みると、これらの数字は、特に重要な意味を持ちます。

新しいコボットハブのイメージ



注:これは完成予想図のイメージです。最終デザインまだ決定していません。

【モバイル インダストリアル ロボット社について】
モバイル インダストリアル ロボット(MiR:Mobile Industrial Robots)は、業界でもっとも高度で協調性が高く、かつ安全な自律移動ロボット(AMR: autonomous mobile robot)の開発と販売を行っています。同社の製品は内部物流を迅速かつ簡単に、またコスト効率よく管理できるため、従業員をより価値の高い活動に再配置させることができます。MiRの革新的なロボットは既に大規模・中規模数百社の多国籍メーカー、物流センターのほか世界各地の病院でも使われています。MiRは、ニューヨーク、サンディエゴ、シンガポール、フランクフルト、バルセロナ、東京、上海に支店を構え、60カ国以上にグローバルな流通網を急速に確立しています。 2019年、MiRの売上高は4,400万米ドルでした。デンマークの経験豊富なロボット産業専門家が設立し、運営にあたっているMiR社は、デンマークのオーデンセに本社を置いています。詳細については、www.mobile-industrial-robots.comを参照してください。

[テラダイン社について]
テラダイン(NASDAQ:TER)はスマート・デバイス、救命医療装置、データ・ストレージ 装置のような高品質で革新的な製品の短期間での市場投入を実現します。テラダイ ンの半導体、電子機器、無線機器その他に関する先進的なソリューションはそれら の製品が市場において設計通りに性能を発揮すること保証します。また、様々な規模 の製造業で使用されている協働ロボット、自律移動ロボットをはじめとするテラダ インのインダストリアルオートメーション向け製品は生産性向上と低コスト化に寄与していま す。テラダインの 2019年度の売上げは 23億ドルであり、現在世 界中で約 5,400 人の従業員を擁しています。詳しくは、teradyne.com を参照下さ い。Teradyne(R) は米国およびその他の国々における Teradyne, Inc.の登録商標です。

[ユニバーサルロボットについて]
2005年に設立されたユニバーサルロボットは、あらゆる規模の会社でロボット技術による自動化を実現することを目的に、小型で、使いやすく、リーズナブルな価格設定で、フレキシブルかつ安全な産業用ロボットの開発に努めています。2008年に協働ロボット第一号を発表して以来、ユーザーフレンドリーなコボットの提供によって大きな成長を遂げており、現在では世界中で販売されています。ユニバーサルロボットはTeradyne Inc.傘下の企業であり、デンマーク、オーデンセに本社を置き、米国、ドイツ、フランス、スペイン、イタリア、チェコ共和国、トルコ、中国、インド、シンガポール、日本、韓国、台湾、メキシコに子会社や支社を擁しています。2019年のユニバーサルロボットの売上高は 2億4800万ドルでした。www.universal-robots.com/ja

カテゴリートップへ

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
IoTイベント(300x100)
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ