このページの本文へ

最新IoT&ガジェットニュース 第93回

トヨタが燃料電池自動車「MIRAI」に新型登場!

2020年01月24日 10時00分更新

文● 金子麟太郎 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 トヨタは燃料電池自動車「MIRAI」の新型を発表した。燃料電池自動車は、水素と酸素を化学反応させて発電し、水だけを排出して走行する。

 また、バッテリーで駆動する電気自動車と比べて、水素充填は短時間で済むため、環境にやさしいだけでなく運用でのメリットがある。

 ミライは2014年12月に発売されて以降、世界で約1万台が販売されている。新型車では、航続距離が従来型と比べて約30%延びた。従来型の航続距離は満充填した状態で500km〜650km程度だったが、新型は約800kmとなる。

 これは、燃料電池システムの改善に加え、3つの水素タンク(大型1つと小型を2つ)を備えたことが寄与するという。

 従来型からの変更点としては上記のほかにも、20インチの大きなホイールを備えることや、4人乗りから5人乗りになったこと、などが挙げられる。

■関連サイト

筆者紹介:金子 麟太郎

 14歳の頃から、パソコンやタブレットで作曲する。CD制作にも取り組むうちに、機械にも興味を持ち、2016年(20歳)からITに関連する企業を取材し、記事を執筆する活動を始める。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン