このページの本文へ

最新IoT&ガジェットニュース 第90回

音声指示で程よいお湯が出るAlexa対応のスマート蛇口が開発中

2020年01月20日 17時00分更新

文● 金子麟太郎 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 米国の水栓メーカーMOEN(モーエン)が、音声操作に対応するスマート蛇口「U by Moen Smart Faucet」を開発している。年内の発売を目指すという。

Alexa搭載のスマートスピーカー(写真の奥)と、スマート蛇口「U by Moen Smart Faucet」(写真の中央手前)

 GoogleアシスタントやAlexaに対応し、ハンズフリーでの操作が可能だ。無料のスマホアプリ(iOSとAndroidの両方に対応)も提供され、本体のセットアップに加えて、音声コマンドを作成することも可能だ。

 たとえば、粉ミルクを準備するために温水(ただし熱すぎない)を頻繁に使う場合、コマンドを設定することで適切な温度の温水を注ぐことができる。

 また、水筒やケトルなど、水を入れる容器の容積にぴったりな水量をあらかじめセットしておくことも可能だ。他にも、蛇口本体に光学センサーを搭載しており、直接触れなくても操作できる。

 一見すると、手を使って操作した方が早いと感じるが、どうしても両手が塞がっている場合などに役立ちそうだ。

■関連サイト

筆者紹介:金子 麟太郎

 14歳の頃から、パソコンやタブレットで作曲する。CD制作にも取り組むうちに、機械にも興味を持ち、2016年(20歳)からITに関連する企業を取材し、記事を執筆する活動を始める。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン