このページの本文へ

最新IoT&ガジェットニュース第87回

ウォルマートが自律走行ロボット「Alphabot」で業務効率化

2020年01月15日 08時00分更新

文● 金子麟太郎 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ウォルマートはロボットによる自動化を進める

 大手スーパーマーケットチェーンのWalmart(ウォルマート)は、自律走行ロボット「Alphabot(アルファボット)」を活用した業務の効率化や生産性の向上に取り組んでいる。

 Alphabotは、米マサチューセッツ州のスタートアップ企業Alert Innovation(アラート・イノベーション)によって開発され、2019年半ばから試験的に運用している。

 現在、約2000平方メートルの倉庫(米ニューハンプシャー州セーラム)で活躍しており、オーダーを受けた商品をAlphabotが棚まで取りに行き、それをカゴに入れて従業員がいるワークステーションまで運ぶ。ワークステーションでは袋詰めや配送作業などが手作業で行なわれる。

 また、棚と棚の間に敷かれたレールの上を走行できるため、人の手が行き届かない場所への運搬も可能だという。棚からワークステーションまではタイヤで走行する。

 一連の流れをすべてロボットが担当するわけではないが、Walmartは一部の作業をロボットに任せることで注文や配送プロセス全体を合理化できると説明する。

 Walmartは今後もAlphabotを積極的に活用する姿勢を示しており、従業員や顧客からのフィードバックを得た上で、他店舗での運用を検討していく。

■関連サイト

筆者紹介:金子 麟太郎

 14歳の頃から、パソコンやタブレットで作曲する。CD制作にも取り組むうちに、機械にも興味を持ち、2016年(20歳)からITに関連する企業を取材し、記事を執筆する活動を始める。


カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン